阿知ポの京太郎の能力を極めれば誰もあがれず、
リー棒が増えまくったあと、やっすい手で1万超えの打点を稼ぐ…というのを妄想した

-------決勝前夜

咲たちは決勝の前夜で、今まで打ってきた強豪の人たちと練習していた。

一人抜け、誰か来るのを待っていた咲はそこで意外な人がやってきた。京太郎だ。

「咲、ここに座ってていいか?」

「えっ……京ちゃん、やめたほうがいいと思うよ……」チラッ

それもそのはず、卓は一人抜けてはいるが、衣、そしていつの間にか静かに、氷のような雰囲気を放つ竜華が座っている。

いずれも咲に劣らない、かなりの手練れだ。

「京ちゃんと言ったか、腕に自信がありそうだな。咲、知らなかったぞ」

と衣は口の端を広げて笑う。

「まさか、男に我を身震いさせるほどのものがいようとは……いいぞ、大儀ないぞ、座れ」

ええーっ!? 驚きの余り声に出してしまった咲を横目に、京太郎は座る。

それを見ていた久が、やってくる。

久「あら、打つの? 須賀くん」

京太郎「はい。 ……咲。照さんと仲直りしたいのか?」

咲とは違い、驚いたふうには見えない久に、ますます混乱する咲に、京太郎の問いにびっくりしてしまう。

咲「……知っているの? 照さんのこと」

ああ、と呟いた京太郎は信じられないことを言う。

京太郎「咲。お前とは中学からの知り合いと言ってはいたんだけれど……10年以上前から知り合っていたんだ」

------これは、10年前の■■京太郎が、今の須賀京太郎に至るまでのおはなし。

■■京太郎は、姉が一人、双子の妹が一人いた。

姉はインターハイに出場するほどの打ち手で、妹は病弱で、足が不自由ながらも明るかった。

もちろん、その時、咲とも知り合っていた。照とも。

家族ぐるみで仲が良かった時代だ。

その話をしよう。打ちながら、な。

カンッ