灼「ん……んー……」グググ

京太郎「あれ? 何してるんですか灼さん」

灼「あ、須賀くん。ハルちゃんに資料を届けたいんだけど、棚の上の方にあって……」

京太郎「なるほど、確かにこの高さは灼さんには厳しいか」フム

灼「歯がゆ……でも助かった、代わりに須賀くん取っ」

京太郎「おまかせあれ!」モチアゲー

灼「なっ!?」モチアゲラレー

京太郎「うわ軽っ。ちゃんとメシ食ってます?」タカイタカーイ

灼「ちょ、これやば……手! 須賀くん手!///」ジタバタ

京太郎「あー、暴れたら危ないですよ。っしょっと……」モゾッ

灼「ふぁ!? 指、胸の方に……っ///」ビビクンッ

レジェンド「灼ー? 資料まだー?」ヒョコッ

灼「あ」

京太郎「あ」

レジェンド「あー……ゴメン、ごゆっくり~」ヒョコッ

灼「ちょ、待っ! ハルちゃーん!!」