透華「今日は私の誕生日ですわ、京太郎様」

京太郎「それはおめでとうございます」

透華「それだけですか?」

京太郎「それだけとは?」

透華「プレゼントはないかときいているんです。少しはお察しくださいな」

京太郎「毎日あれだけ甘えてくるのにそれ以上を望む、と?」

透華「いいじゃないですか、年に一度の誕生日なのですから」

京太郎「分かりました、それで何をお望みで?お嬢様?」

透華「今日は私の抱き枕になってくださいまし」

京太郎「わかりました」

その夜、とても幸せそうな顔で熟睡するお嬢様がいたそうな

カンッ

エロ?ねぇよ、んなもん
透華誕生日おめでとう!