京太郎「うぃーっす」

シロ「ん…」

京太郎「あれ、シロさんだけですか?珍しい」

シロ「豊音たちはお菓子とか買いに行ってる…」

京太郎「えー、言ってくれたなら手伝ったのに…」

シロ「京は働きすぎだとかなんとか…」

京太郎「はぁ、まあいいか…」

―――――

京太郎「…」ペラッ

シロ「…」ボー

京太郎「…」ペラッ

シロ「ねぇ、京…」

京太郎「どうしましたー」パタン

シロ「肩揉んで…」

京太郎「はいはいっと」モミモミ

シロ「はぁ…」

京太郎「気持ちいいですかー?」モミモミ

シロ「ん…ダルくない…京」

京太郎「はいはいお次はなんですかー」モミモミ

シロ「胸揉んで」

京太郎「おまかせあれー」フニュフニュ

シロ「んぁっ…」ピクッ

京太郎(…ん?あれ…?おかしくない?)モミュモミュ

シロ「んっ…はぁ…京」

京太郎「ひゃいっ!?」コリッ

シロ「はぁっ…!」ビクン

京太郎「わわわ!すんません!」

シロ「はぁ…いい、謝らなくて…気持ちよかっただけだから」

京太郎「よかった…で次は一体」

シロ「キスして」

京太郎「それはさすがに駄目でしょ!」

シロ「むぅ…」

京太郎「なんで駄目なのみたいな顔しないでくださいよ!」

シロ「私の胸揉んだくせに」

京太郎「俺は肩だけ揉ん…ほんとだ俺胸揉んでたねごめんなさい!」

シロ「だからお詫びにキス…」

京太郎「だから駄目ですって!そういうのは好きな人に…」

シロ「じゃあ京のこと好きだからするね…」

京太郎「えっちょっむぐっ」

―――――

塞「信じて置いていった同期が後輩を襲っているなんて…」

豊音「シロってば過激だよー…」ドキドキ

エイスリン「ムー!」パッ[(#゚Д゚)ノ]

胡桃「お姉さんたちは優しいからもう少し時間をあげることにしよう!」ワクワク

カンッ