京太郎「はいはーいご飯ができましたよー」

豊音「わー!お鍋だー!何の鍋かな?ちょー楽しみだよー!」ワクワク

京太郎「あぁもう跳ねないで…今日は鶏肉が安かったので鶏団子鍋ですよ。」カチャッ

豊音「ふわぁ…おいしそうだよー…」

京太郎「とりあえず冷めないうちに食べましょうか…いただきます」

豊音「いただきまーす…ほひ、あつあつ…」ハムハム

京太郎「ん…旨い…今回は少し味噌を混ぜてみましたけどどうです?」

豊音「ほへいふはへほいへはうふはひおひひいほー」モキュモキュ

京太郎「言いたいことはわかるけど言ってること全くわかんないですよ…もう少し落ち着いて食べてくださいってば」

豊音「んくっ…これが美味しすぎるからいけないんだよ…」メソラシ

京太郎「そう言われるのは嬉しいですけどね…ほら、急いで食べるからちょっと口が汚れてますよ」フキフキ

豊音「ん…ありがと…」

京太郎「そういえば塞さん達、結局来ませんでしたね…せっかくいっぱい作ったのに…」モグモグ

豊音「そうだねー…ちょー残念だよー…」シュン

京太郎「理由を聞いたら『胡桃に確実に砂糖吐くことになるからやめてって言われたから』って言ってたんですけど…」


豊音「えー…」

京太郎「俺たちってそんなイチャついてますかね…あ、それ少しもらえます?」

豊音「はい、あーん…そんなことないと思うけど…どうなんだろうね?」

京太郎「あぁ、また口の周りが汚れて…ですよねー。そこまでバカップルじゃないですよねー」

豊音「あいがと…バカップルって、もっとこう…違うよねいろいろ」

京太郎「ですよねぇ…あ、お茶が…」

豊音「取ってくるよー」パタパタ

京太郎「んじゃ俺はっと…そろそろ野菜中心にする頃だし白菜を多めに入れといてあげるか…」ヒョイヒョイ

豊音「おまたせー。ついでにいつも京太郎くんが使ってた柚子胡椒持ってきたよー」トテトテ

京太郎「さんきゅです。よそうのは野菜中心でよかったんですよね?」

豊音「そうだよー。いつもありがとー」

京太郎「いえいえこちらこそー」


―――――

京太郎「はー…食った食った…」

豊音「ちょー満腹だよー…ちょっとお膝を拝借」ゴロン

京太郎「30分で交代ですよ?」ナデナデ

豊音「うー…善処するよ…」ホワンホワン

京太郎「それしないパターンですよね…いいですけど」ナデナデ

豊音「…ねー、京太郎くん」

京太郎「はいー?」ナデナデ

豊音「幸せだねー」

京太郎「…ですねー」ナデナデ

豊音「こんな日がずっと続けばいいね…」

京太郎「続きますよ、絶対に」

豊音「…うんっ」

京太郎「というわけでそろそろ交代です」

豊音「延長してー…」グデーン

カンッ