?「お……て……」

京太郎(んぁ……誰だよ……こんな朝に……)

?「ね……おき……てば……」

京太郎(休みだしもう少し寝かせてくれよ……)

?「おき……から……すご……しちゃ……」モゾモゾ

京太郎(なんか布団に……かぴーか?)

?「もう……朝だ……んな……あむっ……」ジュル

京太郎(なんだ……ズボン脱がされた? というかあそこが何かあったかい……って!!)

淡「ふぁっ……ふぉふぃふぁ?(あっ……起きた?)」

京太郎「お前何してるんだよ……下には母さんもいるのに……」

淡「ふぉんなのふぉふぃないのがふぁるい……(そんなの起きないのが悪い……)」ングッ

京太郎「まずっ……そこから口はな……せ……」

淡「ふぃいさふなっふぁらね……(小さくなったらね……) じゅるっ……」

京太郎「あぐっ……はぁ……」ビュルッ…

淡「んっ♪ おいしかったぁ……おはようお寝坊さん♪」ゴックン

京太郎「なんで朝っぱらから部屋にいるんだよ?」

淡「だって少しでも早くあいたかったんだもーん! だからナデナデくらいしてよっ!」

京太郎「かわいいやつめ……」ナデナデ

淡「えへー♪」


淡「きょーたろだぁいすき♪」スリスリ

京太郎「俺だって大好きだぞ……」

京太郎(でもあんなことされて……少しくらい仕返ししたいわけで……)サワサワ

淡「ひゃんっ! なんでおしり触ってるのぉ……」

京太郎「なでなでしてるだけだぞ? して欲しいんだろ?」

淡「あんっ……そこは撫でちゃ……んんっ!」

京太郎「どうした? 顔赤くなってきてるぞ?」

淡「手をっ……下着に……入れないでよぉ……うぅ……」クチュ…

京太郎「先に仕掛けてきたのそっちだろ?」

淡「下にお母様いるのに……ばれちゃうよ?」

京太郎「もうパート行ってる時間だし出かけてるって……いくぞ?」

淡「……うん」



<アッ…キョータローハゲシイヨ…スグイッチャウヨ…イクウゥゥ! 

<ハァ…アワイキモチィィヨ…モウイッカイ…


須賀母「今日は休みなんだけどねぇ……」

かぴー「キュ……」

須賀母「そろそろおばあちゃんになるのかしら? じゃあ邪魔者は終わるまでお散歩しましょうね」

かぴー「キューキュー!」

カン!