宥「あったか~い♪」ギュー

玄「まだまだ、もっとなのですー!」ムギュー

京太郎「…」バンバン

穏乃「おっ?タップ?タップするんだね?勝者、松美姉妹ー!」

宥「やったぁ…♪」

玄「ふふ、当然の結果なのです!」

京太郎「タップする以外に手足使用禁止のハンデ有りプロレスならそりゃそうですよ…」

灼「負け惜しみは情けないと思…」

憧「いいでしょ別に、それ以上に良い思いしてるんだしさ。ダンナサマ?」

穏乃「ホント驚いたよねー。私たちみーんな、お嫁さんにする…なんてさ」

京太郎「提案はおまえからだろ!?」

ーーーーー

阿知賀勢「私たちの中から一人…選んでください!」

京太郎「誰か一人を選ぶなんて絶対に無理だ!」

穏乃「あ!じゃあ全員もらってもらえばいいんじゃない!?」

京太郎以外「それだ!」

京太郎「えぇぇ!?」

ーーーーー

京太郎「今考えてもおかしいだろこれ…」

憧「私たちが良いって言ってるんだから良いでしょ?それに…」コソッ


憧(全員をとっかえひっかえでエッチ…出来るんだよ?)ボソッ

京太郎「!?」

憧「あれ?ちょっと大きくなったんじゃないの?」クスクス

京太郎「う、うるせぇよ!」

憧「でも、本当は嬉しいんでしょ?宥姉の胸を好きなだけ揉めるし、玄のお尻も好きなだけ弄ることもできる…」

憧「シズって元気一杯でかわいいわよね?あの子だって好きに汚せる。灼さんって一途よね?きっと京太郎が望むならどんなプレイでもしてくれるわよ」

憧「そしてあたしはあんたのことなら何でも分かる。本当は嬉しいのよね?今すぐエッチしたいのよね?」

京太郎「ぐ…」

憧「ほら、試しにあたしの胸…触ってみる…?反抗なんてしないし、むしろ喜んでさしだしてあげるわよ?ほら…」スリスリ

京太郎 ゴクリ「あ、憧」「あー!ずるいのです!」

憧「ちっ」京太郎「へっ?」

玄「最初は私とお姉ちゃんだって決めたのにぬけがけー!」プンプン

宥「あ、憧ちゃん…あったかくない、よ…?」フルフル

憧「わかってるわよ…大人しく待ってまーす」

玄「よろしい!…じゃあ、京太郎くん」

宥「一緒に…あったかくなろ…?」

京太郎「…はい」

カンッ