玄「ごめんね、もう少ししたらお姉ちゃん帰ってくると思うから」

京太郎「いえ、こんなおもてなしまでしてもらっちゃって。なんかすいません」

玄「ううん。最近は京太郎くんが毎日遊びに来てくれて私もうれしいよ」

京太郎「そう言ってもらえると助かります」

玄「ホント、これでお姉ちゃんと仲良くなるのが目的じゃなかったらなあ」

京太郎「そう言われるとぐうの音も出ません」

玄「うそうそ、冗談だよ。お姉ちゃん可愛いもんね」

京太郎「おっぱい大きいですしね」

玄「あはは、それもお姉ちゃんにちゃんと伝えておくね」

京太郎「すいません、自分調子に乗ってました」

玄「おもちを邪な目で見る子にはお仕置きしちゃうよ!」

京太郎「玄さんがそれを言うんですか」

玄「それはそうと、お姉ちゃんとは毎晩メールしてるみたいだけど」

京太郎「ええ。もしかして、なにかマズいことでもありましたか?」

玄「いやいや、むしろいいカンジなのです。お姉ちゃん、着メロが鳴る度にほっこりしてるよ」

京太郎「そ、そうなんだ!」

玄「嬉しそうだね」

京太郎「え」

玄「なんでもないよ。見てたらどうも脈アリみたいだし、切り出してみたらどうかな? そういう話」

京太郎「脈アリ、なんだ」

玄「でもメールで告白っていうのもなんだか味気ないし、やっぱり顔を見て伝えるのがいいと思うな」

京太郎「ええ、俺もそう思います。なんだかテンパりそうですけど」

玄「練習してみる?」

京太郎「え?」

玄「だから、私をお姉ちゃんだと思って告白してみたらどうかなって」


京太郎「それは」

玄「ダメかな」

京太郎「…………」

玄「…………」

京太郎「宥さん」

玄「ストップ。そこは私の名前でいいよ」

京太郎「え? でも、宥さんだと思って告白の練習をするんじゃ」

玄「目の前にいない相手を思っていても、いいことなんて一つもないよ」

京太郎「玄さん?」

玄「続けてよ。いいから」

京太郎「え、ええ。コホン」

玄「…………」

京太郎「玄さん」

玄「はい」

京太郎「あなたのことが好きです! 俺とお付き合いしてください!」

玄「…………」

京太郎「…………」

玄「私も大好きだよ。これからもよろしくね、京太郎くん」

京太郎「玄さん」

玄「京太郎くん」

宥「あったか~い!」

京太郎「ん?」

玄「ふふ」

宥「おめでとう、二人とも!」

京太郎「?????」

玄「ありがとう、お姉ちゃん! まさか両思いだったなんて夢みたいだよ!」

宥「お姉ちゃん自分のことみたいに嬉しいよ。幸せになってね、玄ちゃん」

玄「うん!」

京太郎「????????????????????」