雨の日 部室

ザーーーー

穏乃「…」

京太郎「…」

穏乃「ねぇ…京太郎…」

京太郎「ん…?」

穏乃「雨、だね…」

京太郎「そう…だな…」

穏乃「二人きり…だね…」

京太郎「あ、あぁ…」

穏乃「京太郎、私ね…」

京太郎「どうした?」

穏乃「もう、我慢できないの…」

京太郎「穏乃…?」

穏乃「ねぇ…しよ?」

京太郎「…!…ああ、わかった…」

ザーーーー…

ーーーーー


ーーーーー

憧「…で?何であんたたちは雨の中外に行ったの?」

京太郎「フフ…恥ずかしい話ですが…その、興奮しちゃいましてね…」ビッシャビシャ

穏乃「いや、でも考えてもみてよ憧!」ビッショビショ

憧「何をよ?」

穏乃「外は豪雨!京太郎と二人きり!咎める人は誰もいない!そうなったらどうする?ねぇどうする!?」

京太郎「飛び出すしかないでしょおおおお!!!」バンバンバン

憧「こんの…馬鹿どもが!」ゴチン

京太郎「あたぁ」穏乃「あうっ」

憧「まったく…(でも…京太郎と二人きりかぁ…)」

憧(…)

憧「…」ボンッ

憧「フンッ!!」ゴチン

京太郎「いっだあ!?何すんだよ!」

憧「うるさい馬鹿!死ね!」バシバシ

京太郎「痛い痛いやめて!」

穏乃「なんで憧顔赤いんだろ…?」ハテ?

カンッ