灼「ちゃんとして。もう誤魔化さないでよ、ハルちゃんとのこと」

京太郎「へ」

灼「まだとぼけるんだ。ちょっとがっかりだよ、そういう人じゃないと思ってたのに」

京太郎「すいません、灼さん。要領を得ないというか、なんというか」

灼「好きなんでしょ。ハルちゃんのこと」

京太郎「うん?」

灼「気持ちはわかるよ。だからこそ今の二人の状態は納得できそうもない」

京太郎「灼さん、待ってください」

灼「これ以上見ていられないからこんなこと言ってるの!」

京太郎「俺、晴絵さんに矢印ありませんよ」

灼「…………」

京太郎「…………」

灼「へ?」

京太郎「ないんですよ、好意。顧問に対するそれ以上には」

灼「嘘!」

京太郎「本当です。もちろん魅力的な人だとは思いますけど」

灼「だ、だって! ハルちゃんカッコイイし、京太郎だってそこそこイケてるから、ハルちゃんだって京太郎のこと好きだろうし!」

京太郎「そんな風に言ってもらえるのはうれしいですよ。でも」


灼「ありえないよ! ハルちゃんじゃないなら誰! 一体誰が好きなのさ!」

京太郎「灼さん」

灼「なに!」

京太郎「だから、好きなんですよ。灼さんのことが」

灼「…………」

京太郎「…………」

灼「隙あり?」

京太郎「いえ、見せてくれて結構ですけど違います」

灼「数奇な運命とか、よく言うよね」

京太郎「灼さんに出逢えてよかったです」

灼「キス! スズキの仲間!」

京太郎「したいです、灼さんと」

灼「…………」

京太郎「好きです」

灼「…………」

京太郎「…………」

灼「…………」



灼「よ、よろしくお願いしますっ」