穏乃「きょぉ…たろぉ…」ハァハァ

京太郎「どうした? 顔真っ赤にして…具合でも悪いのか!?」

穏乃「ちがぁ…ちがうよぉ…」スリスリ

憧「あーもうそんな時期になったのか……今年はちょっと早いわね」

玄「男の子が近くにいたからじゃないかな?」

京太郎「みんなっ! なんか穏乃の様子が……」

憧「それなら大した問題ないわよ?」

玄「ちょっと発情期になっちゃっただけですのだ」

京太郎「はぁ!?」

憧「ほら見てみてよ」グイッ

京太郎「ちょっ! ジャージたくし上げたら見えっ…」

玄「少しおしり赤くなってるよね? 発情期のときはこうなってるの」


京太郎「穏乃のおしり……」ギンギン

穏乃「んっ……京太郎のにおい……」クンクン

京太郎「そんなとこのにおい嗅ぐなよ!」

穏乃「なんかあっついよぉ…」ヌギヌギ

京太郎「脱ぐなっ! 2人とも止めてくれ」

憧「むりむり、こうなったらもう止まらないから」

玄「今日の部活はお休みだね、連絡しとかないと」ポパピプペ

憧「ってことだから部室には誰も来ないから、あんたも楽しんじゃなよ、ばいばーい」ガラッ

京太郎「いや…待って……あぁ……」

穏乃「きょぅたろぉ……」ハァハァ

京太郎「お前はジャージを着ろって…押し倒そうとすんな!」

穏乃「これが京太郎の……すごいにおい……」スンスン

京太郎「ズボン脱がされっ……なんでこんな力強いんだよ!」グググ

穏乃「ねぇ……おっきいのちょうだぁい……」クチュッ

アッ……ダメダッテ……デモキモチィィ……アァッ…デルゥ……ナカニダシチマッタ……

カン!