尭深「いいのよ」

京太郎「…………」

尭深「…………」

京太郎「尭深さん? ごめんなさい、ちょっと聞き取れなくて」

尭深「いいのよ」

京太郎「…………」

尭深「…………」

京太郎(うん?)

尭深「京太郎くん」

京太郎「はい」

尭深「いいのよ」

京太郎「…………」

尭深「…………」

京太郎(なにが──────────!?)

尭深「私ね、ずっと前から思ってたんだ」

京太郎「え?」

尭深「跳ね満って、言葉の響きが性のテクニックみたいで少しエッチだよね」

京太郎「…………」

尭深「だって跳ね満だよ、跳ね満。むふふ」

京太郎「…………」

尭深「ねえ、京太郎くん」

京太郎「…………」

尭深「役満」

京太郎「…………」

尭深「…………」

京太郎(帰りたい)


尭深「そろそろ京太郎くんも乗り気になってくれたよね」

京太郎「…………」

尭深「ね?」

京太郎「ごめんなさい、尭深さんが俺をどうしたいのかさっぱり分かりません」

尭深「セックスしたいです。京太郎くんと」

京太郎「さっきまでの奇行全部求愛のつもりだったの!?」

尭深「欲情した京太郎くんにワニマガジンされることをずっと期待してたのに」

京太郎「待ちぼうけもいいとこですよ! というか尭深さんそういう人だったの!?」

尭深「お茶がおいしい。趣味はガーデニング」

京太郎「流石に無理がある!?」

尭深「他の皆はミスドに行ってしばらく帰ってこないから、ね」

京太郎「大体俺と尭深さんはまだそういう関係じゃないし、淡たちとのことだって」

尭深「うん。だから既成事実を作れば、晴れてめでたく私が京太郎くんの彼女さんだよね」

京太郎「それ、俺に教えちゃってもいいんですか?」

尭深「あ」

京太郎「…………」

尭深「これより他に致し方なし、かくなる上は力ずくで京太郎くんを」

京太郎「やだこの人めちゃめちゃ力強い!? なんで!?」

尭深「ふふ、愛の力かな」

京太郎「なんて可愛らしいドヤ顔!」

尭深「ほら、京太郎くんの大好きなおっぱいですよ。インストアーズナウ」

京太郎「うわあいおっぱいってこんなにやわらかいんだ!」

尭深「おっぱいは決して怖くない、勇気を出して京太郎くん」

京太郎「俺は、俺は!」


淡「そこまでよ!」

京太郎「淡!?」

尭深「随分早かったね。ちっぱいぱんの淡ちゃんは私と京太郎くんの組体操を大人しく眺めているといいよ」

淡「ふふん、これを見てもまだそんなことが言えるかな!」

京太郎「お前、それは!」

尭深「ばかな」

淡「えっへん!」たゆん

京太郎(巨乳だ──────────!)

尭深「私のおっぱいと同等か、それ以上……! 一体どんな魔法を使ったの、淡ちゃん」

京太郎「そうだよ! さっきまでBカップ(目測)だった淡の胸が、この短時間でどうやって!」

菫「かえして」

京太郎「どうやって…………」

淡「えへん!」たゆん

京太郎「…………」

尭深「…………」

京太郎「尭深さん、二人きりになれる場所探しましょうか」

尭深「優しくしてね」

淡「あわわわわ!? なんで!?」

菫「かえして」