桜子「赤ちゃんはどこから来るの!」

憧「ハハッ」

京太郎「おい待てよ、俺だけ残してどこへ逃げるんだ。勘弁してくれ」

憧「絶対イヤ! あんた男なんだから責任持って教えてあげなさいよ!」

京太郎「こういうのは女の子同士でなんとかしろよ、俺には荷が重い」

憧「ばか言わないで! あたしだってそんなに詳しくないし、こういうときは普通」

桜子「二人とも知ってるんだ! 教えて教えて!」

京太郎「…………」

憧「…………」

京太郎「コウノトリが」

憧(ド直球でぼかしにいった!? それでいいわけ!?)小声

京太郎(仕方がないだろ。ここは誤魔化して、あとは親御さんに)小声

桜子「それは聞いたことあるけど、コウノトリ、日本にいないよ?」

京太郎「…………」

憧「ここの子たち、動物に詳しいのよ(※咲日和参照)」

京太郎「…………」

桜子「憧ちゃん! 憧ちゃんなら知ってるよね!」

憧「え」

京太郎「おう! 俺は間違った方法で子作りを覚えてたみたいだが、憧ならきっと知ってるぜ!」

憧「おい、お前ホント、マジで」

京太郎「だからさ、俺はちょっと席を立ってもいいか?」

桜子「え、ダメだよ?」

京太郎「うん?」

桜子「京ちゃんも赤ちゃんの作り方知らないんだから、私と二人でお話聞かなきゃ!」

京太郎「…………」

憧「…………」

京太郎「ごめん」

憧「男の人がエッチなことを考えるとね、おちんちんが大きくなるの。それを女の人の」

京太郎「ごめん!!!!!!!!!!」