煌「あらら、起こしちゃったかな」

京太郎「煌先輩? もしかして今日の部活は」

煌「残ってるのは京太郎と私だけですよ。もう皆帰っちゃった」

京太郎「ああ、そうなんだ」

煌「起こせませんでしたよ。あんまり気持ちよさそうに眠ってたから」

京太郎「えっと、なんかすんません」

煌「ふふ」

京太郎「膝枕までしてもらっちゃって。今どきますね」

煌「え? うん」

京太郎「どきます」

煌「京太郎?」

京太郎「努力します」

煌「…………」

京太郎「…………」

煌「このままでもいいよ。京太郎が満足するまで、もう少しだけね」

京太郎「うへへやわらかい。すりすり」

煌「そういうこと、他の女の子にはしてないよね。先輩ちょっと心配」

京太郎「しませんよこんなこと。先輩以外には」

煌「それはどうかな。昼間だって和の胸に鼻の下を伸ばしていたみたいだし」

京太郎「あれは仕方がないでしょう」

煌「どうせ先輩にはおっぱいがありませんようだ。京太郎の変態」

京太郎「先輩だって和や他の子に負けない良さがありますよ。拗ねる必要ないです」

煌「たとえば?」

京太郎「この足、とか?」

煌「こらこら、どさくさ紛れに撫でないの。変な気分になっちゃうから」

京太郎「すべすべしてて気持ちいいですよ」

煌「もう。エッチな後輩は下校時刻までもう少し寝てるといいです、おばか」

京太郎「すやすや」

ロッカー(あれでまだ付き合ってないんだからすごいわよね。色んな意味で)

ロッカー(あ、寝てる須賀くんのおでこにチュウした。いけないんだ! いけないんだ!)