憧「ねぇ京太郎、やっぱり私にも半分持たせてよ」

京太郎「良いって良いって、気にすんなよ。男の子はここで甲斐性見せないとな」フンス

憧「ふふっ、バーカ」クスクス

京太郎「なんだと~?」

憧「そんな事しなくても私の中じゃ十分男の子だっての!」バシン

京太郎「お、おう…」テレッ

憧「…な、なに妙な雰囲気になってんのよ!」ドゴッ

京太郎「おうっ!?そんな強く殴んなよ!」

憧「う、うるさいうるさい!もう知らない!」タタタ

京太郎「あ、待てよ!荷物が…うぉぉ!?」ガラガラ

憧「きょ、京太郎!?」

ヌワー!! キョータロー!!

カンッ