京太郎「…咲、お前は羨ましい奴だな」

咲「え?」

京太郎「お前はいつもアイツに愛されてて、優しくして貰えて…」

咲「そ、そんな事無いよ」

京太郎「いや…アイツはお前の事ばかり気にかけてるよ。俺なんか見向きもしない」

咲「自棄にならないで京ちゃん。もっと自分に自信を持ってよ」

京太郎「…いや、無理だろ」


咲「なんだかいつもの京ちゃんらしくないよ…どうしてそんなに自分を卑下するの?」

京太郎「お前には…どうしたって分からねえよ」

咲「…京ちゃん!」

京太郎「俺だってなあ、辛いんだよ!俺はアイツの事をこんなに愛しているのに、向こうは何にも答えちゃくれない」

京太郎「こんな思いをするのなら、花や草に生まれたかった」

咲「…どうして」

京太郎「どうしてって…俺はアイツなしには生きられないからさ」

咲「…私じゃ駄目なの?」

京太郎「気持ちはありがたいけど、こればっかりはな」

咲「私達、それなりに上手くやってきたじゃない」

京太郎「お前がいけないんだ…お前が、アイツを誑かさなきゃこんな事には」

咲「そんな!私なんかが、和ちゃんを誑かすだなんて…」


京太郎「…へ?」

咲「え、違うの?」

京太郎「ある意味違ってはいないんだけどな…今の俺を夢中にさせるのは、生憎あの胸じゃなくてね」

咲「え…え?」

京太郎「なあ、咲…どうしてお前は牌に愛されてるんだ?お前はアイツの事を、何年もほったらかしにしてたのに」

咲「…えと、あのね京ちゃん私は」


京太郎「頼むからはぐらかさないでくれよ。俺は、本気なんだから」

咲「そ、そんなつもりじゃ」

京太郎「俺はきっと、アイツに出会う為に…愛し合う為に麻雀部へ入ったんだと思う」

京太郎「だから咲…俺がお前をここに導いたように、今度はお前が俺を導いてくれ」

咲「きょ、京ちゃん」

京太郎「俺はアイツと愛し合うためなら、死んでも構わない」


咲「…れた」

京太郎「ん?」

咲「京ちゃんが壊れた…童貞こじらせて壊れちゃったよう!」

京太郎「何言ってんだお前!」

咲「うわああんっ!和ちゃん優希ちゃん部長染谷先輩、誰でも良いから京ちゃんを元に戻してええぇぇっ!」



カン!