玄「おもちが足りません」

京太郎「何言いだしてんすかいきなり」

玄「おぉ…同士須賀よ…情熱を失ってしまうとは情けない…」

京太郎「えぇ…」

玄「最近忙しくてお姉ちゃんのを見ることしかしてないし…触れないなら欲求不満がむしろたまるよぉ…」ヌオオ…

京太郎「いつになってもブレませんね…」ハハハ

玄「むー…そういう京太郎くんはどうなの!どーせ人のこと言えないんでしょ?」ホレホレ

京太郎「俺はもう玄さんがいますから」

玄「…ひょ?」

京太郎「玄さん以外は誰のものでもいりませんよ」ナデナデ

玄「え、えへへぇ…」テレテレ

京太郎「まあ最近は休みを取ってませんしね。そろそろ休み取りますか?」

玄「そ、そだね…あのね?」

京太郎「?」

玄「も、もう少し撫でてほしいかなって…」

京太郎「はいはい」ナデナデ

玄「ほわぁ…」ニヘラ

カンッ