もし穏乃に胸があったら

穏乃「京太郎ーたすけてー!!」ムニュー

京太郎「うぉぉ何だ!?(胸が…)」アタフタ

穏乃「玄さんが…玄さんがぁ…」ブルブル

玄「ふふふ…観念するのです穏乃ちゃん…」ユラリ

KURO「私からおもちを隠そうなんて無駄なんですよォー!!」ドドドド

京太郎「うわっ何か変なオーラでてる」

KURO「MOTYYYYYYY!早くそれを差し出しなァー!」ゴッ

京太郎「オラァッ!」ごちん

KURO「あたぁっ」玄「何をするのです京太郎!」

京太郎「何をするじゃないですよ!穏乃怯えてんじゃないですか!」

玄「そんなことは…」チラッ


穏乃「」プルプルプル

おもち「」ぷるぷるぷる

玄「ジュルリ」京太郎「ドラァッ!」ごちんっ「玄ぶべらっ」

京太郎「いい加減懲りませんかねぇ…!」グリグリ

玄「痛い痛い痛いごめんなさいもうしませんから許してください!」ジタバタ

穏乃「もういいよ京太郎…玄さんも謝ってくれたし」

京太郎「そうか?おまえが良いならそれで良いが…」パッ

玄「うぅ…ごめんね穏乃ちゃん?最近お姉ちゃんのも触れてないから…」

京太郎「ぶれないなアンタ。わかるけどさ」モミッ

穏乃「あんっ」ビクッ 玄「!?」

京太郎「こんなのがあったら揉みたくなるよなそりゃ」モミモミ

穏乃「んぅ…京太郎…ここじゃ恥ずかしいよ…」トロン

京太郎「分かってるよ。また後でやってやるから先に戻ってな」ポンポン

穏乃「うん…わかったぁ…」フラフラ

京太郎「あらら、やりすぎた…って玄さん?」

玄「師匠と…」

京太郎「へ?」

玄「師匠と呼ばせてくださいですのだ!」ガシッ キラキラ

京太郎「えぇっ!?」

カンッ