きょうたろう「なーなーせんせー」

春「なに?」ポリポリ

きょうたろう「こくとー一個ちょーだいっ」

春「………」ポリポリ

きょうたろう「…?」

春「やだ」プイッ

きょうたろう「えーっ!なんでだよー!」

春「私の黒糖は私のもの。京太郎に渡す分はない」ポリポリ

きょうたろう「じゃあ背中にかくしたのはなに?」

春「………っ」∑ギクッ

きょうたろう「ひょっとして意地悪した?だめなんだぜそんなことしちゃ」

春「こ、ここ……これは違くて…」アセアセ

きょうたろう「いわどせんせー!たきみせんせーがー!!」

春「それだけは止めて」バッ

きょうたろう「いじわ―モガッ!?」

<ドウカシター?

春「なんでもない!ただ呼んでみただけだって」

きょうたろう「ンー!ンー!!」ジタバタ

春「(ちょっとならあげるから霞さんには言わないで)」

きょうたろう「―プハッ!それほんとか?!じゃあわかったー!」

春「せーふ……ほっ」

きょうたろう「いただきまー」パクッ




その後食べさせあいがあったり口の周りを拭いてあげたりのイベントがあったとさ。


カンッ!