細かい設定は無視する方向で

成香「……はあ」

京太郎「本内先輩?どうしました、ため息なんてついて」

成香「あっ、須賀君……」

京太郎「また男子からヤミテンの言い間違いでからかわれでもしましたか?」

成香「ち、違います!それにその事は忘れる約束だったはずです須賀君!」

京太郎「あっ、すいません」

成香「い、いえ……」

京太郎「それで話を戻しますけど、なんでため息なんかついてたんですか?」

成香「……少し自信がなくて」

京太郎「自信ですか?」

成香「はい……有珠山高校は全国大会に進める事になりましたけど私は先鋒という大役を任されたのに何も出来ませんでしたから……」

京太郎「本内先輩……」

成香「先鋒にはエースと呼ばれているような人達が集まっています。そんな人達を相手にして私がもし足を引っ張ったらと思うと……」

京太郎「なるほど……」

成香「す、すいません……こんな話を後輩にしてしまうようでは先輩失格ですよね……」

京太郎「……」

成香「い、今の話は忘れてくださいね?」

京太郎「嫌です」


成香「えっ!?」

京太郎「本内先輩がそんなに悩んでるのに、それを忘れてしまうなんて俺には無理です」

成香「ですけど……」

京太郎「そりゃ俺は麻雀初心者で初戦敗退するようなレベルですからそっち方向で本内先輩を勇気づけるなんて出来ません……」

成香「そ、そんな事は」

京太郎「それでも本内先輩が努力してる姿は後輩として見てきたつもりです!」

成香「須賀君……」

京太郎「大丈夫です、本内先輩は足を引っ張ったりしません。部長達だってそう思ってるから本内先輩をエースが多い先鋒にしたはずですから!」

成香「……」ウルッ

京太郎「も、本内先輩!?」

成香「す、すいません……須賀君の言葉が素敵だったので、感激して泣いてしまいました」

京太郎「そ、そうですか。ちょっと焦りました……」

京太郎(本内先輩を泣かせたなんてみんなに、特に桧森先輩に知られたら間違いなく説教コースだしな……)

成香「そうですね……こうして先鋒を任された以上、泣き事を言っていてもしかたありませんよね」

京太郎「そ、そうですよ!本内先輩ならきっとやれますって!」

成香「あ、ありがとうございます須賀君!私……こんなに素敵な後輩がいて幸せです!」ニコッ

京太郎「はは、素敵っぷりじゃ本内先輩にはかないませんよ……」ボソッ

成香「へっ?」

京太郎「な、なんでもありません!」


終わりでー