美子「ねえ、聞いてくれるKちゃん」

Kちゃん「…………」

美子「うち、新道寺で影薄いよね?」

Kちゃん「…………」

美子「部長と鶴田は言うまでもないし、花田はすばらで定着しとる」

Kちゃん「…………」

美子「仁美ちゃんは決め台詞?的なものあるし……うち、眼鏡だけしかないんよ」

Kちゃん「…………」

美子「今のままでいいんかなぁ……」

Kちゃん「……いいんじゃない?」

美子「!?」

Kちゃん「今のままで大丈夫だって。それに、影が薄いとかなんもかんも政治のせい…」

美子「いや、仁美ちゃん何しよっと」

仁美「……ばれたか」

美子「そりゃ当然やね」

仁美「まあ、今のままでいいのは本当にそう思うよ?」

美子「そうかな……」

仁美「姫子みたいにエロいとか、部長みたいにドMとかのイメージつくよりいいんじゃない?」

美子「ああ、即納得したわ。うち、今のままで頑張るよ!」

仁美「うん、頑張ろう」

仁美(私も羊ってのなんとかならんかな……)