塞「あーあ、欲しいなーKちゃん」

胡桃「まだ言うの?確かにそうだけど」

塞「だってシロしか持ってないじゃん。私達が買おうとしたら売り切れだし」

エイスリン「シロ、ズルイ!」

豊音「ずるくないってー。確かに羨ましいけど」

白望「……ダル」

トシ「……ふむ」



トシ「もしもし?手に入ってかい?」

靖子「それが2つしか駄目でして」

トシ「そうか……あの子らの為にあと2つは欲しいんだけどねぇ」

靖子「ですけど、先、小鍛冶プロが地元チームの子供にプレゼントにって買っていったそうですよ」

靖子「小鍛冶プロのことですから、相当多めに買って余らせてるかもしれませんよ?」

トシ「なるほど……見合い話でも持ってって2つほど譲ってもらうか」

トシさんが4つ揃えたのは、その数日後

すこやんのお見合いは、麻雀を打ったら相手が断ってきたとか