はやり「こーんにーちわー!牌のお姉さんだよ☆」

子供達「こーんにちわー」

はやり「今日は、新しいお友達を紹介するね☆」

子供達「はーい」

はやり「みんなー、来ていいよー!」

京太郎「あー、どうも。須賀、じゃなくて、Kちゃんです」

胡桃「……鹿倉胡桃です」

竜華「し、しみゃず谷竜華です!」

胡桃(噛んだ)

京太郎(噛んだ、かわいい)

はやり「それじゃー今日もみんなに麻雀を教えていくよ☆」

子供達「わーい」

京太郎(……しかし、シャレで応募したテレビ出演の懸賞が当たるとはな……そして生はやりん、おもちはすばらだがきつい)

はやり「んー?Kちゃんも打ちたいの?よし打とうか!……本気で」

京太郎「は、はい!」



チビッ子A「ロン!」

京太郎「ぐ、ぐわー!……なんだ、俺はチビッ子にも負けるというのか!?」

チビッ子A「にーちゃん分かりやすすぎー」

胡桃「うん、さっきの待ちは分かりやすかった」

はやり「さっきのKちゃんが振り込んだのはね……ここがポイントだね!これは他でも使えるからみんなも覚えた方がいいよ☆」

チビッ子B「噛んだおねーちゃん、私とー」

竜華「噛んだおねーちゃん……りゅーかでええからな?」

チビッ子B「えー?あ、Kちゃんもー」

京太郎「おう!もう負けないぜ!」



チビッ子B「ツモ!」

京太郎「な、なんだとぉぉぉ!!」

竜華「あちゃー、結構大きいのやったかー」

はやり「うん!今回は100点!えらいね☆」

チビッ子B「えへへ」

はやり「それにくらべてKちゃん!なんでこうなったか分かる?」

京太郎「えーっと……分からないんで教えて下さい」

はやり「うん!これは初心者はやりやすいことなんだけど……」

はやり「もう時間だからここまでだね!みんな、今日はどうだったかな?」

チビッ子A「面白かったー」

チビッ子B「Kちゃんがいて楽しかったー」

チビッ子C「いつもより分かりやすかったー。後Kちゃんよえー」

京太郎「よーし、後で叱るからな?」

はやり「それじゃ、みんなでバイバイしよーね?」

子供達「バイバーイ」



スタッフ「はいオッケーです」

はやり「お疲れ様でした!あ、ちょっとさっきのとこが…」

京太郎「ふぅ。結局負けっぱなしだったなぁ……」

竜華「お疲れ様!」

胡桃「お疲れ」

京太郎「あ、お疲れ様です」

竜華「いやー、緊張したなー」

胡桃「うん。須賀くんは緊張であんなだったの?」

京太郎「いやー、俺初心者なんでアレが実力です」

竜華「それでかー、なんならこの後教えよか?」

京太郎「本当ですか?」

胡桃「じゃ、私も。2人で教えた方がいいでしょ」

京太郎「ありがとうございます!」

はやり「……なるほどね」



数日後

京太郎「ここは、確か……」ピリリリリリ

京太郎「ん?携帯?はいもしもし」

はやり「こんにちわ、はやりんだよ☆」

京太郎「うわっ……」

はやり「……いきなりうわっ、は酷いんじゃないかな?」

京太郎「すいません、いきなりだったんで」

はやり「まあいいけど。それよりさ、またうちの番組に出ない?」

京太郎「へ?」

はやり「京太郎くんが出た回の評判がすごくいいんだよ?普段より分かりやすいとか、やられっぷりが面白いとか」

京太郎「褒めてないですよね?」

はやり「で、京太郎くんがよければいっそ牌のお兄さんにでもならない?はやりとコンビで!」

京太郎「はい?話が急すぎるんですが……」

はやり「はやりんは待ってるよ☆」ガチャ

京太郎「……とりあえず、もっかい出てみようかな」

後に、各所でアシスタントやマネージャーとしての争奪戦が始まることを、この時は誰も予想していなかった