怜「お疲れさまやー……アレ、みんなどしたん?」

竜華「怜。それがな、こんなんがあったんや」

九州限定Kちゃん

怜「……なんで大阪に九州限定があるん?」

浩子「おばちゃ、監督が出張行った時、たまたま手に入れたらしいですよ」

セーラ「さすがやな」

泉「で、どうします?監督のでしょうか?」

浩子「いやー、こんな趣味は無かったはずやし……お土産やろか?」

竜華「お土産!?さすがや!これはアレやね。部長のうちにやね」

怜「りゅーかー?そこはエースのウチやろー?」

セーラ「いやいや、俺やろ?」

泉「こうなったら間を取って私が」

セーラ「ひっこめ泉」

怜「1年は静かにしとき」

竜華「2人とも、言いすぎやで?だから部長のうちが」

モブ1「さっきから聞いとったらレギュラーやからって酷いんちゃう?」

モブ2「そうですよー!うちらにも貰う権利はあります!」

モブ3「せやせや。勝手なこと言ったらアカンで!」

セーラ「ほほう……やったら、麻雀で決めよか?」

竜華「うちはええでー?どうや?」

モブ1「やったろうやないか!」

モブ3「せや!私の底力見せたるわ!」

怜「今、ウチが貰う未来が見えたわ」

モブ2「先輩やからって引きませんよ!」

ワイワイガヤガヤ

浩子「あー……お土産いうんわ、監督の家に、やと思うんやけどなー」

雅枝「ん?どうしたんや?」

浩子「あ、おばちゃ、監督」

雅枝「ちょっと騒がしいようやけど」

浩子「……多分、大丈夫や」

雅枝「そか。じゃ、ちょっと用あるから、先帰るわ。後よろしくなー」

浩子「あ……持って帰ってもうた……うち知ーらない」

翌日、部員達から身に覚えのない抗議があったとか