京太郎「……ん、朝か」

京太郎「さて、顔洗って」ムニュ

京太郎「……むにゅ?」

エイスリン「...zzz...zzz」下着姿

京太郎「……なんだ、天使か」

エイスリン「……ン……」

京太郎「いや違うだろ!エイスリン先輩!起きて下さい!!」

エイスリン「……ン?……オハヨ……」

京太郎「おはようございます。なんでここにいるんですか?そんな格好で」

エイスリン「カッコウ?……フツウ……ヒエルカラ、ハダカジャナイダケ」

京太郎「裸って……じゃ、なんで俺の布団で寝てたんですか?」

エイスリン「……エッチ」上目遣い

京太郎「……え?いや何かしたんですか俺!?天使に手出したの俺!?」

塞「朝だよー、ていうか遅いよ……」

胡桃「寝坊?駄目だから……」

京太郎「あ」

エイスリン「ア」



京太郎「だから、知らないんですよ!」

胡桃「嘘は駄目!状況ははっきりしてたでしょ!!」

京太郎「俺だって状況がはっきりつかめてないんですって!!」

塞「じゃー、エイスリンに聞こうか」

豊音「エイスリンさん?どうして京太郎くんの布団にいたの?」

エイスリン「……エヘ」顔赤らめる

胡桃「はいアウトー!!」

京太郎「そんな!何も覚えてないのに!?」

塞「つまり、記憶を失うほど……」

豊音「うわー、2人とも大人ー?」

京太郎「せめて、せめて思い出させてくれー!!」



白望「エイスリン」

エイスリン「シロ」

白望「なんで京太郎の布団にいたの?」

エイスリン「……エット、ネ」

エイスリン「……イッショニイタカッタカラ!」

白望「……寝る時はいつも下着?」

エイスリン「ウン。アツカッタラ、ヌグ」

白望「…………ま、ダルイしいいか」

この後誤解は解けたが、またエイスリンが布団に入ってくることになったりしたとか

その時は暑かったらしく……