長野
照「咲」

咲「お、お姉ちゃん!?なんで長野に!?」

照「ちょっと、ね。それより、咲のKちゃん貸してくれない?」

咲「!……お姉ちゃんだって持ってるでしょ?これは私の」

照「……これを聞いた」携帯電話

咲「?」

照「……ポチっとな」カチ

『一番始めのKちゃんぬいぐるみは今どこにあります?』

『昔からの知り合いの女の子にあげましたよ』

咲「!!」

照「……という訳で」

咲「や、やだよ!?お姉ちゃん昔から借りたらちゃんと返さないじゃない!」

照「それは咲」

咲「お姉ちゃんだよ!私の鉛筆折った!」

照「む……咲は私の消しゴム半分にして返した」

咲「……ヘアゴム無くした!」

照「下敷きに落書きした」

咲「アレは京ちゃん!」

照「……本汚した!」

咲「しおり折り曲げた!」

照「ジュースこぼした!」

咲「チョコ取った!」

照「アレはプリン食べたから!」

咲「京ちゃんの写真も勝手に持っていった!!」

照「そもそも京ちゃん取ったから!!」

咲「取ってないよ!!」

照「大体ずっと京ちゃんと同じ学校で同じ学年ってずるい!!」

咲「私のせいじゃないもん!!お姉ちゃんだって年上だからって京ちゃん誘惑しようとしてたでしょ!!」

照「咲が遅かっただけ!!それに一緒にいれなかったんだから仕方ないじゃない!!」

咲「お姉ちゃんが悪い!!」

照「咲が悪い!!」

まこ「……おい、なんじゃこれは」

咲「」ゴゴゴゴゴゴゴ

照「」ギュルルルルル

カランカラン

「おーい、やってるか……悪い帰るわ」

「お、俺も」

「わしも……くわばらくわばら」

まこ「ちょっ!待って!!今日はタダでいいから!!」

「悪いが、タダより命のが大事だ」

「んだな。すまん、今度仲間連れてくるから」

まこ「……ははは、どうすりゃええんじゃ」

咲「染谷先輩……誰か入れませんか?」

照「誰でもいいよ……咲より持つなら」

咲「あはは……また+-0しよっかなー」

照「ふふふ……今度は飛ばそうか?」

カランカラン

京太郎「ういーっす、アレ?人少ないっすね?」

咲「!?」

照「!?」

まこ「きょ、京太郎!」

京太郎「アレ、咲と……照さん!?なんで長野に!?」

照「あー、ちょっとした里帰りだよ。ね、咲?」

咲「う、うん!で、少し打とうってだけだよ?」

京太郎「なんだ、言ってくれりゃ来たのに」

照「あ、京ちゃん。これ東京のおみやげ」

京太郎「お、ありがとうございます」

照「ふふ、どういたしまして」

咲「むー」

京太郎「んだよ咲。そんなにこのお菓子欲しいのか?」

咲「違うよーだ」

京太郎「照さん、咲の分もあるんですよね?」

照「…………」

京太郎「……照さん?」

照「……てへっ」営業スマイル

京太郎「可愛くごまかさないでください」

照「か、可愛いって……」

京太郎「ここでこれ開けて分けましょう?咲も照さんも、染谷先輩も一緒に食べるってのは……お店的にいいですか?」

まこ「いいぞ!むしろお茶出してやる!」

京太郎「え?何もそこまでしなくても」

まこ「遠慮するな!」

まこ(さっきのをやめさせて続かないならなんだっていいわ!)

京太郎「じゃ、ありがたく。ほら、咲」

咲「……ふーん、そんなにお姉ちゃんのお菓子がいいんだー」

京太郎「おい」

咲「……つーん」プイッ

京太郎「……ほら、あーん」

照「!?」

咲「え!?きょ、京ちゃん!?」

京太郎「前もやってやったろ、口開けろ」

咲「あ、あーん」

京太郎「ほい。うまいか?」

咲「う、うん……おいひい……」

照「むっ……」

京太郎「照さんも、はいどうぞ」

照「!?……あーん」

京太郎「はい」

照「……おいしい」

京太郎「そりゃ照さんが選んだお菓子ですからね」



京太郎「それじゃ俺は2人を送っていきますね」

まこ「おう。気ぃつけてな」

京太郎「でも、本当に今日は代金良かったんですか?」

まこ「いいんじゃ……お前さんは金以上のものを守った……」

京太郎「?」



咲「それじゃ、またね京ちゃん」

照「ありがとうね」

京太郎「これくらいなんてことないって。それじゃ照さんもまた」

咲「……ぬいぐるみ、どうする?」

照「……ぬいるぐみはいいから、京ちゃん本人が欲しい」

咲「私もだよ……」

照「……いっそ2人同時に貰う?」

咲「そうだねー……いいかもね」

照「うん……今度、2人で可愛い服着て京ちゃんのとこ行こうか」

咲「うんっ!」