煌「今日も疲れたよKちゃん」

煌「やっぱり、皆強いよ」

煌「でも、私もまだまだ頑張るからね」

煌「……おやすみ」



煌「おはようございます」

哩「おはよう、花田」

姫子「おはよー」

京太郎「おはようございます花田先輩」

京太郎「あ、先輩。こないだのやつですけど」

煌「ああ、アレですか。どうなりました?」

姫子「……ぶちょー。なして花田ん奴後輩の京太郎にまで丁寧に言うんですかね」

哩「んー?花田がそういう奴っちゅうことやろー?」

姫子「なんていうか、心開いてないっちゅう感じしません?」

哩「あー、言わんとすっこつは分かるが、あんまゆーてやんな。花田が決めることやけん」

姫子「はーい」

哩「ん。じゃ、ちっと厳しくいくぞ」

姫子「んっ!」ビビクン



京太郎「…ということになってますね」

煌「なるほど、分かりました。須賀くんもありがとうございます」

京太郎「いえいえ」

京太郎(そういやなんでこの人俺にまで敬語なんだろう。もっと他の先輩みたいにしていいのに)

煌「では戻りましょうか。練習を」

京太郎「あ、花田先輩」

煌「はい?」

京太郎「そこ、ゴキ○リが」

煌「……え?」

黒光りするG

煌「……っーーー!!」自分の手で口押さえる

京太郎(さすが花田先輩。こんな状況でも叫ぶのを防ぐとは)

煌「は、早く!京太郎早く!!」

京太郎「は、はい!」スリッパ装備

飛翔するG!

京太郎「うおっ!!」

煌「っーーー!!っーーー!!」

京太郎「そりゃっ!よっしゃ撃破!」ベシッ!!

増殖するG!!(2体目)

煌「っーーー!!っーーー!!っーーー!!」

京太郎「これで、終わりだ!!」バシッ!!

G殲滅完了!!

京太郎「ふぅ。大丈夫ですよ」

煌「……お、終わった?もう大丈夫?」

京太郎「はい」

煌「……京太郎、ありがとう。飛んだ時とか結構怖かった」

京太郎「いや、アレは誰だって…京太郎?」

煌「……あ」

京太郎「そして今タメグチで……」

煌「ち、違うから!その、いつもぬいぐるみに話しかけてる癖というか」

京太郎「先輩」

煌「な、何?」

京太郎「俺は先輩が心開いてくれたみたいで嬉しいですよ?」

煌「う、いや。開いて無かったわけじゃないからね!?」

京太郎「じゃ、これからもそれでいってもらえます?」

煌「……京太郎なら、いいよ」

哩「今日の練習はここまでやね。皆気つけて帰りー」

姫子「あ、花田ちょっと…」

煌「京太郎、一緒に帰らない?」

哩・姫子「!?」

京太郎「いいですよ。どっか寄ります?」

煌「んー、適当に決めよっか?」

京太郎「はい」

姫子「あー、花田?」

煌「はい、なんですか?」

哩「お前敬語……」

煌「あー。まあ、京太郎だけです」

京太郎「せんぱーい。早く行きましょうー」

煌「今行くー。あ、何かありました?」

姫子「いや、よか」

煌「では、また明日の練習で」

哩「……ありゃどう見ても」

姫子「……恋人かなんかですね」

煌「で、京太郎。どこいこっか」