胡桃「充電充電」

京太郎「……先輩」

胡桃「……何?」

京太郎「何してるですか」

胡桃「充電」

京太郎「……なんでKちゃんぬいぐるみを先輩が充電してるんですか?」

胡桃「京太郎くん、分かってない」

京太郎「はい?」

胡桃「充電はね、簡単なものじゃないんだよ」

胡桃「疲れを取ったり、大事なことを伝えたり、たくさんの意味があるんだよ?」

京太郎「そうですか。で、先輩が伝えたいことは何ですか?」

胡桃「……京太郎くんで充電したい」



京太郎「満足ですか?」

胡桃「うん」京太郎の上で充電

京太郎「というかまだぬいぐるみも充電してるんですか?」

胡桃「上下両方に京太郎くんがいるって、いいよね?」

京太郎「本人に聞きますか」

胡桃「うん。いいね」

胡桃(もっと、近くに京太郎くんを感じれるし)

京太郎「そんなにいいですか?」

胡桃「いいよ?これからもずっとお願いしたいくらい」

京太郎「俺としては正面から抱きしめたいんですけど?」

胡桃「……それは恥ずかしい」