インハイ会場 通路

泉「はぁ…」

泉(あー…あそこのベンチでええか…)

泉(千里山敗退…かぁ…)

泉(船久保先輩は気にすんなって言ってくれたけど惨敗したのは私ぐらいやし…)

泉(さすがにへこむなぁ…)

泉「はぁ…」

?「はぁ…」

泉「ん?誰や…って男!?」

京太郎「ん?」

泉「ここ女子の会場やで!なんで男子がおるん!?」

京太郎「あー…女子の付き添いで…」

泉「な、なんや共学の人か、焦ったわ。どこの高校?」

京太郎「清澄っす」

泉「清澄!?」

京太郎「な、何ですか!?」

泉「な、何でもない!驚いてばっかでごめんな」

泉(よりによって原村和のいる清澄かい!)

泉「清澄がなんでこっちに?確か会場は別だったような…」

京太郎「こっちにはうちの部員が用事で来てましてそれの荷物持ちで」

泉「てことはマネージャーですか?」

京太郎「いえ、俺も部員です」

泉「そう言えば自己紹介まだやったね。私は千里山の二条泉、一年や」

京太郎「俺は清澄高校一年の須賀京太郎です」

泉「なんや同い年か、なら敬語は無しやな」

京太郎「わかった、二条でいいか?」

泉「ええよ。で、須賀君も麻雀やるん?」

京太郎「ああ、まだまだ弱いけどな」

泉「個人戦は出たん?」

京太郎「…予選の一回戦負け…」

泉「あー…なんか悪かったわ…」

泉「先輩とかから指導は?あと他の男子部員とか」

京太郎「男子部員は俺だけだし女子も5人しかいないからもっぱらネトマだな…雑用もあるからあんまり出来ないし…」

泉「あー…なんというか…」

泉「ま、まあインハイ終わったら余裕出来るから打つ機会増えると思うで!」

京太郎「まじでそうならないときつい…」

通路 曲がり角

セーラ「なあ浩子」

浩子「なんです」

セーラ「俺ら確かなかなか戻って来ない泉を探しに来たんやねんな?」

浩子「そうですね。ついでに落ち込んでるからあんまり気にしないよう言いに来たんですわ」

セーラ「なのになんで泉が男と仲良さそうに話てるんや!そもそもあの男誰や?ナンパ目当てか!」

浩子「どんな軽い男で女子率半端ないこんなとこにナンパしに来ませんって。そもそも関係者以外立ち入り禁止です」

セーラ「じゃ、じゃあ誰なんやあれ」

浩子「あれは…確か清澄の制服だったような…男子の制服があんな感じだった気が…」

セーラ「清澄…長野代表やな」

浩子「泉も嫌な顔してませんし、むしろ哀れんでる顔をしてるというか…まあ一旦控え室戻りましょう」

セーラ「んー…わかったわ」

浩子「写メは撮りましたんで後でじっくり聞き出しましょうや」

セーラ「お前抜け目ないな…」

通路 反対側の曲がり角

優希「あの犬は何をやってるんだじぇ…人がタコスのおかわりを届けてる間に…」

煌「優希、邪魔はいけませんよ。青春はすばらです!」

優希「そもそもあの女は誰だじぇ!」

煌「あの人は千里山の次鋒ですね。優希、あの男の人がタコスを作ってくれたんですか?」

優希「そうだじぇ!私の為に修行を重ねて最高のタコスを作れるようになった男だじぇ!」

煌「タコスのお礼を言いに来たのですが…ここで言うのもすばらくないので後日にすることにしましょう」

優希「あの発情犬め…」

煌「優希、邪魔になるので一旦控え室に行きましょう。もう少し話もしたいですし」

優希「あとでしっかり問い詰めてやるじぇ…あのエロ犬」

京太郎「優希のやつ遅いな…悪いちょっと俺様子見てくるわ」

泉「ええよ、私もそろそろ戻らなあかんし」

泉「あ、須賀君、メルアド交換せえへん?」

京太郎「おお、いいぞ。ほい赤外線」

泉「登録っと…ちょっと待ってな」

泉「よし、送信」

京太郎「メール届いたぞ…なんだこのURL?」

泉「携帯の麻雀ゲーム。今度一緒に打とうや」

京太郎「おう、わかったぜ。その時にメールするよ」

泉「じゃあまた今度なー」

京太郎「またなー」

泉(なんかちょっと元気出たな、なんでやろ)

泉「まーええか」

泉「私も戻らんと」

続く