575 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/03/04(木) 22:00:53 ID:QDyDiFPdO
?「優希さん、あなたは約束を破ってまた京太郎君の記憶を変えましたね!
自分の力で京太郎君を恋人にするって言ったはずなのに!」

タコス「ごめんだじょ!今度こそ!今度こそ自分の力で…」

?「いいえ、もう手遅れです!あなたは二度と京太郎に告白できませんよ」

タコス「そ…そんな!」

?「ダアァァァァァ!!」

タコス「ひゃああああああ~!」

ドーン!

―――翌日

タコス「ひどい目にあったじょ…」

部長「あら…?あなた、もしかして麻雀部を見学しにきたのかしら?」

タコス「へ…?何を言っているんだじょ部長…?」

まこ「アンタ、麻雀はやった事はあるんか?まぁ、わしらが丁寧に教えてやるけん」

タコス「え…?え…?」

和「こんにちは…」

タコス「あっ、のどちゃん!聞いて欲しいんだじょ、急に部長達が変な事を……」

和「………あの、どちら様でしょうか?」

タコス「のど……ちゃん…?」

京太郎「ちーす、遅れてすいませーん!」

咲「あれ……知らない人がいるけど…知ってる京ちゃん?」

タコス「きょ……京太郎!京太郎は……京太郎は私の事…知ってるよね!?」

京太郎「………いや、知らねえな。前にどこかで会ったっけ?」

タコス「夢だ………こんなの夢だじぇぇぇぇぇぇぇぇ!」

――――――

?「人の記憶はあやふやなものです……どうやら他の皆さんは優希さんの事をすっかり忘れてしまったみたいですね~!
まぁ、優希さんならきっと新しい人間関係を作る事ができるでしょう!
ホーホッホッホッホッホッ!!!」

名前:
コメント: