咲「…ねぇ、京ちゃん、どうして私から逃げるの?」

咲「私…言ったよね?京ちゃんの居場所は私だけなんだって」

咲「それなのに…どうして私の傍にいてくれないの?」

咲「…もしかして…他に好きな子が出来た?」

咲「ダメだよ、そんなの絶対にダメ」

咲「京ちゃんなんかと付き合ったら、その子が絶対不幸になっちゃうだけだよ」

咲「…へぇ…そうなんだ」

咲「絶対に…幸せにしてみせるって…そう言い切れるんだね?」

咲「…じゃあ、証明してみせて?」

咲「簡単だよ。これから三日間、京ちゃんには私のベッドの上で暮らして貰うの」

咲「勿論…トイレもお風呂もダメだよ」

咲「大丈夫。全部私がやってあげるから安心して」

咲「…京ちゃんに拒否権なんてあると思ってるの?」

咲「既に手錠掛けて拘束してるのに…後戻りなんて出来ないよ」

咲「大丈夫…三日耐え抜けば良いだけの話」

咲「そうすれば…すぐにその子のところに行けるんだから」

………
……

咲「ふふ…一日目で我慢出来なくて…私の事襲っちゃったね…♥」

咲「京ちゃん…とっても激しくて…壊れちゃいそうだったよ…♥♥」

咲「でも…これで京ちゃんはもうその子のところにいけないよね…?」

咲「だって…私の事、傷物にしちゃったんだもの…♪」

咲「責任はちゃんと取ってもらわないと…♥」

咲「それに…ほら、見て」

咲「今の全部…こうしてカメラの中に映っちゃってるんだよ?」

咲「京ちゃんがケダモノみたいな叫び声あげて…私ののしかかる所から…」

咲「情けない声をあげて射精しちゃうところまで…♥」

咲「こんなの…他の誰かに見られたら社会的に死んじゃうよね…?」

咲「…へぇ。まだ逆らうつもりがあるんだ」

咲「…良いよ…それなら…私にも考えがあるから」

咲「後2日…徹底的に壊してあげる…」

………
……

咲「うん…そうだよ…♥」

咲「私も…愛してる…♥♥」

咲「うん…大好き…京ちゃんの事…本当はずっとずっと好きだったの…♥」

咲「えへ…嬉しいな…一杯…好きって…愛してるって…言ってくれるんだ…♥」

咲「もっと…もっと言って…♥もっと…もっともっともっと…いぃっぱい…っ♥♥」

咲「そしたら…ちゃんとご飯もあげる…おむつも替えてあげる…♥」

咲「だから…もっと言って…♥私の心が…満たされるくらいに…♥♥」

咲「もっと…愛してるって…言って…♥」





名前:
コメント: