漫「須賀君ってイケメンやんな」

京太郎「何ですか。いきなり」

漫「いや、顔見てたらふとそんな事思うて」

京太郎「嬉しいですけど、その割にはモテた事ないんですよねぇ…」

漫「こうがっつきすぎなんちゃう?」

漫「未だにうち相手でもおっぱい見とるしなぁ」ニヤッ

京太郎「し、仕方ないじゃないですか」

京太郎「実際、こればっかりは男の性なんです」

漫「須賀くんのは行き過ぎやと思うけど…かなり露骨やし」

京太郎「うっ…」

漫「もうちょっと紳士的に行けば、モテると思うよ」

漫「そや。経験積めばええんちゃう?」

京太郎「んな経験つませてもらえるような相手居ませんって」

漫「うちがおるやん」

京太郎「…え?」

漫「うちが色々と経験させてあげんで?」

京太郎「は、はぁ!?」

漫「あ、勿論、振りやで振り」

漫「流石に練習で色々と初めてを捧げるつもりはあらへんし」

漫「まぁ、須賀君が本気なんやったら考えてもええねんけれど?」チラッ

京太郎「(あ、またこれ挑発してるな…)」

京太郎「(こういうの止めた方が良いって言ってるのに…もう)」

京太郎「(仕方ない、ちょっと付き合ってまた怯えてもらうか…)」

京太郎「良いですよ。じゃあ…何からさせてもらえるんです?」

漫「せやねぇ…」

漫「まずは恋人同士の定番である恋人つなぎやろ!」

京太郎「まぁ、それくらいなら…」

漫「はい。じゃあ、これ」スッ

京太郎「それじゃお手を拝借しますよ、お姫様」ギュッ

漫「ふふん。ちゃうで」

漫「今のうちは女王様や」ドヤァ

京太郎「女王って柄には見えないですけどね」

漫「あー言うたなぁ!」

漫「まぁ…それよりどう?」

京太郎「んー…いや、特には」

京太郎「別にまったく女子と接触ない訳じゃないですし…」

京太郎「(咲の手はもう何回も引っ張ってたりしなぁ…)」

漫「ふむ…そうかぁ…」

漫「じゃあ、次やね、次」

京太郎「次って何するんです?」

漫「そんなんキスに決まってるやん?」

京太郎「は?」

漫「あ、勿論、振りやって振り」

京太郎「い、いや、振りでも不味いでしょそれは!?」

漫「大丈夫大丈夫。雰囲気味わうだけやから」ズイッ

京太郎「ちょ…ちょ!?近いですってば!」

漫「そりゃキスするんやから当たり前やん?」

漫「ほら、ええから目ぇ閉じて」

漫「うちに任せたら大丈夫…やから…ね?」

京太郎「う…う……」パチリ





京太郎「……」

京太郎「……」

京太郎「……?」

京太郎「……」チラッ

漫「やっほ」

京太郎「……」

漫「……」

京太郎「からかったんですね?」

漫「うん♪」ニコー

京太郎「」イラッ

京太郎「あぁ!もう!今日という今日は許しませんから」ドサッ

漫「きゃん♪」

漫「もう…乱暴やで、須賀君」

漫「女の子は弱いんやからもうちょっと丁寧に扱わんと」

京太郎「ふふ…そんな事言ってられるのも今のうちですよ」

京太郎「もう俺はキレました。バーニングです」

漫「へぇ…それじゃ何するん?」

京太郎「勿論、さっき貰えなかったキスをするんですよ」ズイッ

漫「ふぅーん」

京太郎「…信じてないですね」

漫「そりゃ今までの須賀君見てたらなぁ…」

漫「どうせ途中でヘタレるのは目に見えとる話やし?」

京太郎「む…そ、そんな事ないですよ!」

漫「じゃあ、御託はええからさっさとすればええんちゃう?」

京太郎「う…う…」オソルオソル

京太郎「し、しますよ?本当にしますよ?」

漫「うん…したらええやん?」

漫「うちのファースト・キス乱暴に奪ったらどう?」

京太郎「ぅ……」


京太郎「……」

漫「……」

京太郎「……」

漫「…まだ?」

京太郎「いや…・その…」

漫「…もう…」グイッ

京太郎「おわっ」チュッ

漫「…あは…してもうたなぁ…:

京太郎「あ、あわわわ…」

京太郎「し、してもうたじゃないですよ!?」

漫「だって、須賀君がやらへんねんからしゃあないやん」

京太郎「出来る訳ないじゃないですか!」

漫「だから、須賀君はヘタレやねん」

漫「女の唇くらい自分の手で奪わへんかったらあかんで」

京太郎「い、いや…ですけど…」

漫「それにうちを恥ずかしがらせたいんやったら、こんなもんじゃ足りひん」

京太郎「え…?」
漫「」スルッ

京太郎「ちょ!?な、何で脱いでるんですか!?」メカクシ

漫「だって、須賀君、うちに仕返ししたいんやろ?」

漫「それやったらこれくらいやらへんかったらあかんって」

漫「流石のうちでも処女を奪われたら動揺すると思うで」

京太郎「い、いや、それもう冗談の域を超えてるじゃないですか!?」

漫「冗談?なにを言うとるん?うちは須賀君の事からかっとるだけやで」

漫「でも…こんな事してたら…須賀君に襲われてもしゃあないやろなぁ…」チラッ

京太郎「う…」

漫「さぁ…須賀君がどうするん?」

漫「うちの事…からかってくれる?」

漫「それとも…本気で抱いてくれる?」

漫「うちはどっちでもええで…♥」

漫「どの道…本気にさせるつもりやしな♥」





名前:
コメント: