菫「……ふぅ…今日も漸く終わったか」

京太郎「お疲れ様です部長」

菫「須賀こそ疲れただろ?お茶で良ければ私のとついでに煎れて来てやろう」

京太郎「あ、ありがとうございます。ではお言葉に甘えて」

菫「わかった。ええと確かお茶っ葉はここに…」ゴソゴソ

京太郎「俺が取りましょうか?」

菫「いやいい。これくらい君に頼らなくても―」

ゴツンッ

菫「―っ!!?」ジンジン

京太郎「あー見事に缶が直撃………大丈夫ですか?」

菫「も、問題ない……」ジワァッ

京太郎「涙目で言われても説得力ないですって…」

京太郎「ここからは俺が代わりますんで、部長は座っててください」

菫「ふんっ気遣いは無用だ。須賀は後輩らしく私の言うことを聞いていれば良い」

京太郎「はあ……」

京太郎(これ以上は何事も起こりませんように)

菫「ん?なかなか茶葉が出ない……詰まったか?」コンコン

菫「ん?んん~?」コンコンコンコン

京太郎「そんなに振ると中身がっ!」

菫「―ふんっ!」

 


だばーっ

 


菫「…………」

京太郎「…………」

菫「須賀、一つ頼まれてくれるかな?」

京太郎「一応聞きますけど、何でしょうか?」

菫「塵取りと箒を持って来てくれ」

京太郎「……りょーかいしました。ちょっと待っててくださいね」

…。

……。

…………。

……………………。

菫「……ずずっ」

京太郎(結局俺が煎れることになったんだが…)

菫「…相変わらずそつなく熟すものだな。このタルトにもよく合う」

京太郎「渋谷先輩に教わりましてね。気に入って頂けたのなら何よりです」

京太郎「それに雑用は慣れてますしね」ズズッ

菫「ふむ…麻雀よりも腕が立つのは考え物なのだが」

京太郎「それは聞かないで下さいよ……」

京太郎「あ、ところでケーキ余らすのももったいないんでもう一つどうですか?」

菫「むぅ…照や淡に知られたら大変だな…」モグモグ

京太郎「バレなきゃ大丈夫ですって。それに痛ませちゃうのもあれですし」

菫「そう言うのなら頂くとしよう」ニンマリ

京太郎(この人ってこんなキャラだっけか?)

菫「ではこのショートケーキを」プス

菫「あむ……むぐむぐ」ニコニコ

京太郎「お茶のおかわり置いときますね」コポポポポ

菫「ふぁふぃふぁほー」モグモグ

京太郎「口いっぱいにしながら喋らないでくださいよ」

菫「……んくっ。すまない、忘れない内に返事しようと思ってな。…ずずっ」

京太郎「心掛けは良いですけど少し行儀が悪いですよ」

京太郎「ほら、頬張るから顔に生クリームが」フキフキ

菫「ん?すまないな」

京太郎「部活中はあんなにしっかりしてるのにどうしてこんな風になるかなぁ…?」

菫「何を言っているか判らないんだが」

京太郎「ここまで世話の掛かる人だとは思わなかったってことです」

菫「照のことか?前々から分かってたことだろうに」

京太郎「口悪いけど言わせて貰う。アンタのことだよ!!」

菫「ふっ……冗談にしてはつまら―」コツン

京太郎「あーもう言ってるそばからお茶零すしぃ!」フキフキ

菫「す、すまない…」アセアセ

カンッ!