失礼して
3年生集合の続きっぽいものです
数人出ませんがあしからず…

京太郎「えっと3年部屋3年部屋…」

京太郎「ん?なんか2部屋あるぞ…」

京太郎(流石に1部屋じゃ狭すぎたのか?)

京太郎(それで部長はどっちにいるんだ…こっちか?)

コンコン

ガチャ

京太郎「失礼しま…」


恭子「も、もう堪忍して…!!」プルプル

竜華「頑張れ恭子ちゃん!踏ん張るんよ!」

胡桃「全然上がってないよ!」

豊音「うう、ゴメンねー…」

京太郎「…なんだこれ」

京太郎(末原さんが姉帯さんを持ち上げて…いや、持ち上げようと頑張ってる)


恭子「アカン!もう無理や…」ガクッ

胡桃「うーむ、末原さんでも無理か…」

竜華「なんとかならへんかねぇ…あ、須賀君やん!」

京太郎「ど、どうかしたんですか」

胡桃「豊音が「お姫様抱っこに憧れてる」っていうから」

由子「皆で頑張ってたとこなのよー」

豊音「あう…、やっぱりダメなのかな」

京太郎「そ、そうなんすか…」

菫「それで須賀君はなぜここに?」

京太郎「部長に渡すものがあって来たんですけど…こっちの部屋じゃなかったみたいですね」

恭子「いや、竹井さんは今日はこっちの部屋にいるよ」

豊音「最近くじ引きで部屋割りを決めてるんだよー」

竜華「今日のBルームのメンバーはこれやで!」

[竹井 石戸 鹿倉 姉帯 真瀬 末原 清水谷 弘世]

京太郎「なるほど」

菫「石戸さんは練習で不在。竹井さんは私用で外出しているよ」

京太郎「そっか~タイミング悪かったかな」

竜華「…そういえば、須賀君って腕力あるよね」

胡桃「薄墨さんと私をいっぺんに運んでたもんね」

恭子「背も高いし、いけるんやない?」

京太郎「えっと、何の話でしょう」

胡桃「君なら豊音の願いを叶えられる!」

京太郎「は」


京太郎「なるほど、要は俺が姉帯さんを抱きかかえればいいと」

京太郎「でも俺お姫様抱っこなんかしたことないっすよ」

竜華「ほんなら練習する?菫ちゃん、出番やで!」

菫「はっ!?な、なぜ私が!?」

恭子「こんなかでは豊音ちゃんの次に背高いし、練習にはうってこいや」

菫「そ、そんなこと言われても私だって心の準備が…」

京太郎「じゃあ、失礼します」

菫「え?ひゃあ!?」フワッ

京太郎「漫画だと…ひざの裏と、肩に手を置くんだったっけ…」

菫「…」ドキドキ

竜華「おお、軽々や」

由子「菫ちゃん、しおらしくなっちゃったのよー」

豊音「いいなー」

恭子「…」

菫「き、君は意外と大胆なんだな…」

京太郎「そんな、俺だって緊張してますよ。女の人だっこしてるんすから」

菫「…それでも、普通こんなこと出来ないよ」

菫(こっちは緊張で体が動かないと言うのに)


二人「……」

恭子「…もうええんちゃう?」

竜華「そやね。豊音ちゃん待ちきれないって感じやし」

豊音「羨ましいよー」

京太郎「で、ですよね。じゃあ、下ろします」

菫「ああ、ありがとう」ストン


豊音「わくわく」

京太郎(確かに背は高いけど、女性だし大丈夫だろ。よしっ)

京太郎「えっと、準備はよろしいですか」

豊音「いつでもいいよ!」

京太郎「じゃあ、膝から失礼して…よっ!」

豊音「わあ!」フワッ

胡桃「おー!」

京太郎(思ってたより全然軽いぞ!怪我した男友達背負った時の方がなんぼか重かったぜ)

豊音「わぁ…これがお姫様抱っこなんだぁ…」

京太郎「苦しくないすか?」

豊音「大丈夫だよー。それより、須賀君は大丈夫?私、重いかも…」

京太郎「全く問題無しですよ。軽々っす」

豊音「良かったぁ…えへへ、須賀君、もう少しこのままでいい?」

京太郎「もちろんですよ。俺なんかのお姫様抱っこでよければ」

豊音「ふふ、嬉しいなー」

竜華「良かったなぁ、豊音ちゃん」

恭子「そうやね…」

由子「…恭子もやってもらう?」

恭子「え!?な、なんでそうなるん?」

由子「なんだか羨望の眼差しに感じるのよー」

恭子「…そりゃ私だって女の子やもん。憧れるのは仕方ないやん」

由子「そうやねー」


豊音「須賀君、もういいよ」

京太郎「いいんですか?」

豊音「十分堪能したよー。ありがとね、須賀君」

京太郎「いえいえ。どういたしまして、お姫様」

豊音「え!お、お姫様だなんて、恥ずかしいよー///」

京太郎「はは、ちょっとは雰囲気出ましたかね?じゃ、下ろします」

豊音「うんっ」

ストン

豊音「えへへ、胡桃、やったよ!」

胡桃「おめでとう、豊音!」

豊音「シロたちに教えてくるー!」タタタ

胡桃「はしゃいじゃってもう」

京太郎「あんなに喜んでもらえるなんて、男冥利に尽きますよ」

京太郎(ちょっとカッコつけすぎたかもしんないけどな)

由子「須賀君、腕は大丈夫?」

京太郎「え?ああ、全然平気です。これでも体力には自信があるんで」

由子「それじゃもう一人お願いなのよー」

京太郎「もう一人って…真瀬さんですか?」

由子「ううん、恭子なのよー」

恭子「ちょっ、ゆーこ!?」

由子「恭子がやりたがってたから、気を利かせたのよー」

恭子「自分で言うてしもてるやん!」

竜華「ええやんええやん、こんな機会めったにないんやし」

恭子「せやかて、そんな…須賀君も、疲れたやろ?面倒やろ?」

京太郎「いえ、全然」サラッ

恭子「あう…」

京太郎「むしろ俺なんかでいいのか心配ですよ」

京太郎「今更ながら調子乗ってたかなって少し反省してますし。弘世さんのことも勝手に抱き上げちゃって…」

菫(…別に悪い気はしなかったから気に病むことないんだがな)

恭子「…やる」

京太郎「いいんですか?」

恭子「ええよ。そう、抱っこされるだけや。なんも恥ずかしい事なんてない。さ、遠慮せんと!」

由子「すでに顔が赤いのよー」

京太郎「わっかりました!それじゃ、失礼します!」

恭子「きゃっ!?」

京太郎(軽い…)

恭子「……」


京太郎「…さっきから無言ですけど大丈夫すか」

恭子「…メチャクチャ恥ずかしいんや。察して…」

京太郎(耳まで真っ赤だ…可愛い)

恭子「我ながら、雰囲気無いなぁ…」ポツリ

京太郎「……よくぞご無事で、姫様」

恭子「!?」

京太郎「では帰りましょうか…恭子姫」

恭子「は」

京太郎「…なんて、囚われのお姫様を助けた戦士みたいな感じで…」

京太郎「雰囲気出ました?」


恭子「…あ」

京太郎「あ?」

恭子「アホかぁ~~///!!!」ズビシッ

京太郎「ぐえっ!?」

恭子「このキザ男!すけこまし!何言うてんねん!!」ポカポカ

京太郎「痛い、痛い!だって雰囲気無いって言うから!」

恭子「だからってあんなん!」

由子「恭子ー」

恭子「え?」

由子「傍から見ると、じゃれあってるカップルにしか見えないのよー」

恭子「……///!?」ボンッ

胡桃「あ、爆発した」

京太郎「す、末原さ~ん…?」

恭子「もういい…下ろして」

京太郎「はい…」

ストン

恭子「…ゆーこ、練習いこ」

由子「了解なのよー」

恭子「須賀君」

京太郎「な、何でしょう」

恭子「今後お姫様抱っこは禁止や!」

バタン

京太郎「…調子に乗りすぎた」

竜華「須賀君悪ないと思うよ」

ガチャ

霞「ただいま。なんか恭子ちゃん顔真っ赤だったけど風邪で引いたの?」

菫「いや、少しな…」

京太郎「ははは…」

久「須賀君。ごめんごめん、待たせちゃって」

京太郎「部長、待ちましたよ、ホント」

久「…右頬どしたの?」

京太郎「…お姫様のビンタです」


カン!