京太郎「……ジーッ」

憧「…っ」プイッ

京太郎「目を逸らさない」

憧「無茶言わないでよ!もう限界!そろそろ休憩にしましょ」

京太郎「さっき休憩したばっかだっての」

憧「でもでも…」

京太郎「良いからほら、手近の俺に見られても大丈夫な様になるまでだから、な?」

憧「それが出来たら苦労してないわよ」

京太郎「まあそりゃそうか。でも俺がずっと練習に付き合ってやっから」

憧「アンタの顔は飽きた」

京太郎「だったら赤面すんな」

憧「うっ……はぁ…。花の女子高生だって言うのに、これじゃあ駄目駄目よね…」シュン

京太郎「だから脱却の練習を今してるんだっての」

憧「もっと良い方法考えつかない?」

京太郎「無茶言うなよ憧さんや」

憧「そうね。京太郎に少し期待した私が間違ってたわね」

京太郎「おいこら」

憧「なによ?」

京太郎「………」ジーッ

憧「……?」キョトン

京太郎「………」ジーッ

憧「………ぅ」ソワソワ

京太郎「………」ジーッ

憧「………ぁぅ…」カァーッ

京太郎「………」ジーッ

憧「………む、無理っ!!」プイッ

京太郎「なんかこれ楽しい」ワクワク

憧「ひっ、人で遊ぶな!!」

カンッ!