誠子「第1回チキチキききドーナツ大会!」

京太郎「いえーい!」

誠子「この競技は最初にドーナツを食べてそれがどのドーナツか当てるゲームだよ!」

誠子「優勝者にはなんと!遊園地の入場チケットがわたされます」

照「お菓子…私やる」

誠子「はいじゃあ目隠ししてー」

照「…」

京太郎「あーん」

照「あーん」

照「もぐもぐ」

誠子「さて!宮永選手は優勝できるのか?」

照「おいしかった。ごちそうさま」

京太郎「いや!照さん違う!間違っているぞ!」

照「?」

京太郎「今食べたのをこの中から当てるんです」

照「…えっ」

京太郎「さあ!」

誠子「さぁ!」

照「…D」

誠子「宮永選手、Dのドーナツは?」

照「私の食べたドーナツはDです」

ブッブー

誠子「残念!罰ゲームです」

照「うぅ…」

誠子「世の中、タダでお菓子食べられると思ったら大間違いですよ」

照「いたいのはいや」

誠子「大丈夫です!むしろおいしいかな…?」

照「どういうこと…」

京太郎「罰ゲームいきまーす」

ちゅ

照「?!!?!」

誠子「罰ゲームのほっぺにキスでした~」

京太郎「照さんの驚いた顔、いいですよね」

誠子「そうだね…須賀君」

淡「デルーばっかずっこいよ私にもキスしろキョータロー」

誠子「ききドーナツ(ry」

淡「私の食べたドーナツはDです」

ピンポーン

京太郎「おお!淡すごいな」

淡「こんどこそ…私の食べたドーナツはAです」

ピンポーン

誠子「すごい!淡選手5連続正解だー!」

京太郎「優勝商品のチケットです」

淡「…」

淡「チケットじゃなくてチュウが欲しがった…」