うさぎちゃんとアリスくん

 ~ Kyotaro in Magical Mahjong Wonderland ~

          第三部(前編)




――むかしむかし


 うさぎに助けられた男の子は

 傷だらけになっても気丈に振舞うその強さに憧れて


 誰かを守れるような人になりたいと願った




~須賀家~

京父「おーい、そろそろいくぞ~」

京太郎「おう。そういや、行く場所って何処なんだ?」

京父「ん?お前が小さい頃に行ったあそこだよ」

京太郎「いや、それはこの前聞いたけどさ。地理的な意味で訊いたんだよ」

京父「シラン!」

京太郎「は?場所も知らないのかよ…」

京父「どこでもいいだろ別に」

京太郎「相変わらず適当だな…」

京母「そんなの、直前になって訊いてるあんたも同類でしょう?」

京太郎「うぐっ…」

京父「はっはっは!そうだそうだ!」

京太郎「お前も同様に呆れられてるんだからな…?」

……

京母「ま、昔からこうだから諦めなさい」

京太郎「かーさん、コレのどこに惚れたの…?」

京母「えっと…。昔は、それはそれはかっこよかったのよ///」

京父「今もかっこいいぞー?」

京母「調子に乗らないっ///」ペシッ

京父「いてっ」

京太郎「イチャイチャし始めた…」

京母「イチャイチャって…///」

京父「お母さんは相変わらず可愛いなあ」ハハハ

京母「もうっ!///」バシーン!

京父「ぐっはぁ!」ゴキャッ!

京父「」グッタリ…

京母「もう、大袈裟ねえ…」

京太郎(首が変な方向に曲がってるけど…)

京父「よしっ!んじゃ、いくかー」スクッ

京太郎「大丈夫か…?」

京父「ま、いつものことだしな」

京母「いってらっしゃーい」

京太郎(俺の頑丈さは父親譲りか…)



~某旅館~

京父「おい。ついたぞ」

京太郎「ん…ふわぁ~」ゴシゴシ

京太郎「えっ、もうついたのか?」

京父「お前バス乗ってすぐに寝てたしな」

京太郎「ん…、そうだっけ?」

京父「お前やっぱ俺の血を引いてるわ」

京太郎「うっせ」

京父「バスガイドさん美人で良いものをおもちだったのに」

京太郎「マジで!」

京父「マジマジ!」

京太郎「くそー!起こしてくれよー!」

京父「はっはっは、残念だったな」

京太郎「ぬぅ…ま、今更言っても仕方ないか…」

京太郎「で、ここどこなんだ?」

京父「シラン!」

京太郎「え、ずっと起きてたんじゃないのかよ?」

京父「ずっとバスガイドさん見てたし」

京太郎「はぁ?」

京父「だってバスが揺れるたびに弾むんだぞ!ポヨンポヨンって!」

京太郎「それなら仕方ないな」

京父「お前は確実に俺の血を引いてるわ」

京太郎「やめろよ、ショック受けるから」

京父「ショックなのか…」

京太郎(ま、後で旅館の人にでも聞こう…)

京太郎「ちょっと周辺散策してくるわ」

京父「おう、メシまでには戻れよー」

京太郎「ははは、なんか親みたいなこと言ってるし」

京父「親だよ…」



~一方その頃・阿知賀麻雀部~

晴絵「じゃあ、今日はちょっと早いけどこれで終わりね」

一同「はーい」

灼「はぁ…」ボー

穏乃「なんか灼さん、インハイの後からずっとあの調子ですね」

玄「気が抜けちゃったのかな~?」

宥「ちがうよ、あれは恋だよ」

憧「えっ」

穏乃「えっ」

玄「えっ」

宥「私そういう経験あるから!」

玄「初耳だよ!?お姉ちゃん恋した事あるの!?」ワクテカ

宥「ううん。友達があんな感じになってたから」

憧・穏乃・玄「友達か…」


……

灼(あのとき、須賀君に声かけておけばよかったかな…)

灼(でも電車行っちゃいそうだったしな…)

灼(一本ぐらい遅らせても良かったかな…)

灼(でも皆もう乗っちゃってたしな…)

灼(部長として私的な理由で残るわけにはいかないよね…)

灼(でもたった一言『アリスくん』って言えばそれで良かったのかも…)

灼(うーん…須賀君がそんな昔の事覚えてるとは限らないよね…)

灼(あーモヤモヤする…)

宥「あーらたちゃん♪」

灼「ふわっ!」

宥「恋しちゃってるのー?」

灼「へ?」

宥「物思いに耽ってるからー」

灼「え、ち、違うよ。そういうんじゃないと思う…」

宥「えー?須賀君の事考えてたんじゃないの?」

憧「…きょ、京くん?」

灼「驚いた。良く分かったね。でも好きとかそういうのじゃないよ」

灼「実はずっと昔に会ったことがあるんだ…」

灼「でも、それに気づいたのが帰る直前で、何も言えなかったから…」

憧「…」

灼「だからモヤモヤしてるだけ…だと思う…」

宥「でも意識してるんでしょ?ならきっとそれは恋の始まりなんだよ」

灼(そう…なのかなあ…?)

灼「いや、ていうか、何で恋ってことにしたいの?」

憧「そ、そうだよ!」

宥「えーだって、あったかい気持ちになれるからー」

憧・灼「そんな理由…?」


……

憧「今思うと、京くんって結構優良物件だったよね」

穏乃「そーなの?」

憧「ほ、ほら、京くん以上の男の子って出会ったことないし?」

穏乃「そりゃ、女子校だし?」

憧「…」

憧「あれだ、小学生の時とかさ」

玄「小学生が高校生以上のスペックもってたら怖いですよ?」

憧「うぐっ…」

宥「まあまあ。でも、同世代の中だと良い方だと思うよ?」

憧「でしょでしょ!」

宥「うん」ニコニコ

憧「メアド訊いておけば良かった…」ボソッ

灼「そうだね」ボソッ

宥「ふふ~」ニコニコ

憧「も、もちろん友達としてだからねっ!」

灼「そうそう!」

宥「そういうことにしておこうね~」ニコニコ

憧「そういうことって!それしかないから!」


穏乃「あれ?メール聞かなかったんだ?」メルメルメル

憧「な、なんか聞くタイミングがね…///」

灼「うん」

穏乃「ふーん」メルメルメル

憧「しず、さっきからケータイで何してるの?」

穏乃「京くんとメールしてるの」

憧「へー」

灼「ふーん」


憧「…?」

灼「…??」


憧・灼「えぇっ!?」


憧「いつ聞いたの!?」

穏乃「普通にカラオケの時に」

灼「なんで?」

穏乃「え、なんか良い人だし気が合ったし」

穏乃「いやー、男の人のメアドなんて初めてで恥ずかしかったけどね…///」モジモジ

憧・灼「ええ~!」


……

憧「え、結構頻繁にメールしてるの?」

穏乃「うん、一日何通か」

憧・灼「…」

灼「ど、どんなことメールしてるの…?」

穏乃「え、えー言わないとダメですか?///」

憧「もったいぶらないでよ」ズイッ

穏乃「近い近い!憧近いよ!」

穏乃「え、えーとねえ…」

憧・灼「…」ゴクリ

穏乃「壁を使っての屋根登りとか、効率的な木登りの方法とか…///」キャッ

憧(あ、大丈夫そう…)

灼(照れる意味が分からないよ…)



~帰宅後・社の上~

憧「は~…どんな文面にしようかな…」 ←穏乃に京太郎のアドレス聞いた

憧「こんにちは、憧です。しずにアドレス聞きました」メルメル

憧「…」

憧「堅苦しいかな…」ケシケシ

憧「うーん…」

憧「久しぶり♪憧でーすvv元気だった~?届いたら返信してねー☆」メルメル

憧「…」

憧「ちょっと業者っぽい?」ケシケシ

憧「うーん…」



~その頃京太郎は~

京太郎「やべぇ、迷った…」

京太郎(咲じゃないんだから…)

京太郎(うーん…でも、なんかここら辺見た事あるような)

京太郎(あ、この神社)

京太郎(あれ、ここ祭りで来た所じゃね?)

京太郎(そーだそーだ、確かここの社の屋根の上に登って…)


 アーモウ!ドウシヨウカナー!


京太郎「ん?」

京太郎(あっ…ピンク)


憧「…」

京太郎「…」

憧「って、きゃああああああ」バッ

京太郎「うおぉう」

憧「人居たのぉ!?」

京太郎「は、はい」

憧「って、京くん!?」

京太郎「えっ、憧?」


つづく