とある釣り堀。
太陽が、眩しい。

誠子「……」

一人の女が釣竿を垂らしながら佇んでいる。
足音がする。

京太郎「こんにちは」

誠子「あぁ、京太郎か」

京太郎「はい」

誠子「……」

京太郎「……」


誠子「ふう」

京太郎「釣れそうですか?」

誠子「いや、駄目だな」

京太郎「釣り堀なのに?」

誠子「限界ギリギリまで自然に似せるとか言う誰得しようだからなぁ」

京太郎「成る程。道理で釣り堀と銘打つわりにはテーマパークみたいなのか」

誠子「ん。で、京太郎も釣りかい?」

京太郎「ええ」

誠子「そうか」

もう一つ、釣糸が垂らされる。


二時間後

誠子「ん、今日は釣れそうにないな」

京太郎「そうですか」

誠子「私はもう帰るとしようかな」

失礼するよ、と、誠子は京太郎に声をかけた時だ。
京太郎は言う。

京太郎「先輩」

誠子「ん?」

京太郎「先輩、実は一つ釣れたものがあるんですよ」

誠子「へえ、それは?」

京太郎「俺です」

小さく息を継いでから、

京太郎「実の事を言えば麻雀部の時からずっと貴女を見ていたんだすよ」

誠子「そうか」

京太郎「そうです」

誠子「それは大物が釣れてしまったな」

京太郎「それは何より」

誠子「なら、二度と逃げることができないようにしないとな」

小さな水音は、清流の流れにかき消えた。