Kちゃんぬいぐるみ、岩手、宮守にて

宮守、部室

シロ「ダル……」

塞「これがKちゃんぬいぐるみ」

豊音「ちょーかわいいよー」

胡桃「結構かっこいいよね」

エイスリン「カワイイ!デモカッコイイ!!」

シロ「返して……」

豊音「えー?うちじゃシロしか持ってないんだよー?」

胡桃「手に入りづらいし」

塞「もう少し貸しててよ」

エイスリン「ハイ!」頭下げる絵

シロ「……ま、いいか」

シロ(帰ったら私だけだし)

胡桃「シロ、これ抱いて充電させて」

シロ「ダル……」

豊音「自分のも欲しいなー」

塞「この辺りでも買えるっちゃ買えるけど最近はずっと売り切れらしいしね」

胡桃「流行りだしてから話聞いたから遅かったのがね」


エイスリン「ン!」Kちゃんぬいぐるみの絵

豊音「わ、エイスリンさんすごいよー」

胡桃「エイちゃんそれすごく良いよ!」

塞「うんうん。私達はしばらく絵で我慢だね」

シロ「……しばらく麻雀部に置いとく」

エイスリン「ホント!」

胡桃「ありがとうシロ!」

豊音「ちょーうれしいよー!」

塞「みんなシロに感謝だね」

シロ「……別に」プイッ

シロ(Kちゃんぬいぐるみもいいけど、1人よりみんなで楽しんだ方がいいし)


カンッ!!