菫「そちらの須賀君をうちに貸してくれないか?」

久「……は?」

始まりはこんなやり取りだった

菫「しばらくでいいんだ。頼む」

久「いきなり何を言い出すの。はいそうですか、で貸し出せないわよ?」

菫「……照が」

久「?」

菫「照がまた迷子になってな」

久「貸すわ」

その後の部長同士の集まり的な時

菫「助かった。感謝する」

久「いえ、うちも咲がね……」

菫「天はニ物を与えず、これは正しかったな」

久「実感するわ」

菫「しかし彼、麻雀の腕はアレだがマネージャーとしてはかなり優秀だな」

久「麻雀も見てあげてるんだけどね……なぜかそっちばっかり上達するのよね」

菫「一回やり方を変えてみたらどうだ?」

久「うーん、それもそうね」

菫「いっそうちで面倒みるか?」

久「え?」

洋榎「ちょっと待ちや!」

菫「なんだ姫松の」

洋榎「愛宕洋榎や!弘世菫!」

菫「なんだ」


洋榎「抜け駆けはゆるさへんで!京太郎欲しがってるとこは他にもあるんや!」

竜華「そやでー、もっとゆーてやり。千里山がいいって」

塞「彼、シロとエイスリンが気に入ってるんだよね」

灼「うちも人数少ないし…」

哩「うちも欲しかね」

久「な、なんでこんなに…」

霞「あら?それなりに顔もよくて家事の類はできる。その他サポートも充分にできるんならどこだって欲しいわよ?」

霞「ちょっとエッチだって聞くけど……ふふっ」

哩「鹿児島に帰れ」

洋榎「このおっぱいお化けが」

霞「あらあら、無いものの僻みかしら?」

竜華「いやいや、あんたはレベルが違いすぎるからな?」

塞「……ほんとに薄墨さんと同じ3年なの?」

灼「じゃ、他がいないならうちが」

菫「言い出したのは私だ」

久「あ、あのね。そもそも須賀君をあげる気はないわよ?」

洋榎「ちょっとくらいえーやろ」

灼「同感」

霞「彼は断らないと思うわよ?」

哩「胸しまえ。卑怯か」

竜華「色仕掛けかー。うちもやってみよかな」

塞「シロとトヨネに頼めばいけるかな」

菫「うちは渋谷にやらせるか」

久(……この取り合いにどう収拾つけよ)


その頃の京太郎

咲「カン」

照「ロン」

淡「リーチ」

小蒔「...zzz」

京太郎「迷子を捜してたらとんでもないことに巻き込まれた。誰か助けて下さい」カタカタ

咲「大丈夫だよ!私がいるから!」

照「……咲はずっと一緒だったんだから、私が」

淡「いや私!キョータローとは気が合う気がする!」

小蒔「...zzz私も...zzz」

もっととんでもない取り合いに巻き込まれていたらしい


カンッ!!