京太郎、部室で熟睡の白糸台ver
細かいところはイメージで


部室

京太郎「...zzz」ソファーで横になり熟睡中

ガチャ

菫「ん、なんだ須賀だけか。しかも寝ているとは……」

京太郎「...zzz」

菫「……頼んだ買い物は済ませてあるし、掃除も終わってるか」

京太郎「...zzz」

菫「……寝かせとくか。色々疲れているんだろうし」

ストン

菫「ふう」寝ている京太郎の隣に座る

京太郎「...zzz」

菫「……枕もなしか。よく寝れるな」

京太郎「...zzz」

菫「……仕方ないな。うん」京太郎の頭を動かし、膝枕

京太郎「……ん...zzz」

菫「……ふふっ」

ガチャ

照「菫と……京ちゃんだけ?」

菫「照か。静かにな」京太郎の頭撫でつつ

照「……何やってるの?」

菫「ああ、須賀が枕もなしに寝ていたものだからな。仕方ないだろう」

照「……へぇ」

京太郎「……ん」

菫「ふふっ」

照「」イラッ


照「菫、そういえば2軍の子達が呼んでたよ」

菫「2軍が私を?」

照「そう。部長を」

菫「……分かった」

照「後はまかせて」

菫「嘘じゃないだろうな。全く」

ガチャ

照「……さて、と」

京太郎「う……ん」

照「仕方ないよね、枕が無いんじゃ」京太郎を膝枕

京太郎「……ん...zzz」

照「……ふふっ。かわいい」頭ナデナデ

ガチャ

誠子「お疲れさまです」

尭深「」ペコッ

照「ん、2人ともお疲れ。後静かにね」

誠子「え?ってなんで須賀を膝枕してるんですか?」

尭深「宮永先輩がわざわざ……」

照「枕が無いから」

誠子「いや、だからって膝枕は……」

尭深「」コクコク


照「仕方ない。枕が無いんだから」

誠子「はあ……あ、そういえば宮永先輩宛に荷物が届いてましたよ」

尭深「ファンからじゃなくて、別のものみたいですから持ってこれませんでしたけど」

照「……まさか、北海道から取り寄せていたプリン」

誠子「なんで学校に来るんですか」

照「菫に部室のパソコンでやってもらったから」

誠子・尭深(弘世先輩、お疲れ様です)

誠子「じゃ、先輩が行かないと」

照「うん……でも」頭ナデナデ

尭深「お茶入れて待ってますから」

照「……分かった」

ガチャ

誠子「さて、確かに枕無しじゃかわいそうだよね」

尭深「お茶入れたら代わってね」

誠子「分かってるって」京太郎を膝枕

京太郎「……ん...zzz」

誠子「……これ、結構いいかもしれない」頭撫でる

尭深「はいお茶」

誠子「うん。じゃ、交代で」

尭深「……ん」京太郎を膝枕

京太郎「……ん...zzz」

尭深「……なるほど」頭ナデナデ

誠子「でしょ」


ガチャ

菫「全く、呼んでるのは私じゃなくて3年生だったから照でもよかっただろう……って照?」

誠子「あ、弘世先輩」

尭深「お疲れ様です」

菫「ああ、2人ともいたのか。……尭深?」

尭深「……枕が無いので」

菫「……そうか」

誠子「あー……尭深、代わろうか。弘世先輩の分のお茶も入れなきゃだし」

菫「ああ、頼む。後、私が代わろう」

誠子・尭深「!?」

菫「元々始めたのは私だったからな。うん、それが正しいだろう」

誠子「いや、わざわざ先輩がやらなくても」

尭深「私達にまかせて下さい」

菫「いやいや、ここはやはり…」

ガチャ

照「プリン取ってきた……なにこれ」

誠子「宮永先輩」

菫「照」

照「尭深、私がやるから」

菫「だから、始めたのは私だから私が」


尭深「……先輩方にまかせなくても後輩の私達がやりますよ?」

誠子「……尭深?」

尭深「……ふふっ」頭ナデナデ

照・菫「」イラッ

照「……ちょうどいい。人数は揃った」

菫「ああ、4人いるしな」

照「トップがやる。これでいい?」

菫「問題無い」

照「2人とも、卓について」ゴッ

菫「心配するな。部活だから、な」ゴッ

誠子「え?いや、私は」

尭深「……オーラスで逆転しますね」

誠子「尭深!?」

菫「ほう、頼もしいことを言ってくれるな」ゴゴゴゴゴ

照「オーラスまで、持つと思ってるの?」ギュルルルルルル

誠子「あわわわわ」(まずい。私が勝つとこどころか飛ばないところが全く想像できない)

尭深(誠子、手を貸して)

誠子(尭深?)

尭深(1人じゃ無理だけど、2人なら大丈夫。アシストしてくれれば先輩達相手でも負けない)

誠子(でも、最終的なトップは尭深になるんじゃ…)

尭深(2人で勝つんだから、交代でね)

誠子(尭深……)


菫「話は終わったか?」

照「2人とも早く」

誠子「わ、分かりました」

尭深「……いきます」ゴッ

菫「じゃ、始めようか。まずは」

淡「おっつかれー!」

4人「!?」

淡「あ、私最後だった?」

照「淡、静かに」

淡「ん?あ、キョータローがおやすみ中だから?」

照「そう」

菫「それにこれから打つからな」

尭深「静かに待っててね」

誠子「こっちがどうなるか分からないけどね」

淡「?よく分かんないけど静かに待ってればいいんだね?分かった」

照「ん。じゃ、始める」

菫「まずは私が…」

淡「ん、っしょっと」京太郎を膝枕

4人「!?」

淡「ふふっ、キョータローかわいいっ」頭ナデナデ


京太郎「ん、あれ?俺は…」

照「あ、京ちゃんおはよう」

京太郎「照さん?あれ?これは……膝枕?」

照「うん」頭ナデナデ

京太郎「はあ……って膝枕!?」

照「動かないで」

京太郎「いや、照さんでも」

照「いいから」

京太郎「はあ……あの、部活の方は」

照「ん」指差し

京太郎「へ?」

菫「…ロンッ!」シャープシュート

淡「っ!狙われたー!!」

尭深「次はオーラス。この点差なら…」

誠子「うう、焼き鳥……」

京太郎「……なんでみんな本気なんですか?大会以上に必死に見えますけど」

照「京ちゃんは、寝てていいから」

京太郎「……はあ」



結局、膝枕は虎姫達のローテーションに落ち着いた。
しかし、その姿を他の部員に見られ、白糸台麻雀部全体を巻き込む、
京太郎膝枕争奪の部内戦が行われることになったとか。


カンッ!!