リサ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リサ

魔法の原理であり、魔物の体を構成する物質のこと


概要

  • 魔法を規定する最小単位をリサと呼ぶ
    • リサとは人間によって観測できない物質と定義される
      • 物理的な観点から言えば、あらゆる物質よりも小さいものと定義されている
    • 単一のリサの回転周期が結晶体の結合数を決める
      • 単一のリサの基本的な性質は単純なつなぐことを機能とする
        • 寄り集まったリサの個数の約数と次元は等しい
    • 最小の物質だから、寄り集まれば、もっとも複雑な構造体を形成できる
      • おそらく、構造体となって概念化したリサの集合をリサ結晶体と呼ぶ
        • リサ結晶体は作中では主に魔力と呼称される
          • 都市級の扱う侵食魔法も魔力と呼称されるが、別にリサ=侵食魔法ではない
            • 魔物たちは人間に対しての欺瞞のために浸食魔法を魔力と呼び混同する
      • 複数のリサによる構造体は概念的な性質を持つ
        • だからもしもリサの自転速度が変化してしまえば、リサ結晶体の構造は崩壊すると考えられる
          • 円心運動を司る魔法はない(第一世界が設定しなかった?)
            • 変速魔法もない?
    • 半概念物質リサによって魔法生物リシスは誕生した
    • 原初の魔物リシスから魔導素子リサが採取された


+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...



火花星

+ ...
+ ...
+ ...

法典

連結世界においてはバウマフ開祖により発見
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...

リシス

  • 第一世界で産声を上げた原初の魔物を“リシス”と言う
    • 魔法を操るリシスに対抗するために
    • 第一世界が他世界に落としたのが“法典”だ
+ ...
+ ...
+ ...
+ ...