ママン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔物たちの育て親
  • ママン
  • 恩人
    • であるから魔物たちは女性の形をとりたがる



+...
 柔らかい日差しの中――
 大樹に背を預けて座る女性を
 まだ幼い魔物たちが囲んでいる……
+...
だが、宙に放り出された少女が悲鳴を上げるよりも早く、救いの手が彼女を抱きとめた
 状況の落差についていけず、呆然と顔を上げる
 その目に飛び込んできたのは、見慣れた横顔だ
「……ノロちゃん?」
ユニが、ふだん子狸を「ポンポコ」と呼ぶのは照れ隠しだ
 ともに過ごした時間はそう多くないが、豊穣の巫女はノロ・バウマフの幼なじみと言ってもいい
リサの結晶化には願望と声明を要する
 だから魔法力と記憶力の間には切っても切れない結びつきがある
 変化した緑のひとの姿は、幼い頃の記憶を刺激するものだった
「な、なんで? どうして」
 わざわざ子狸の姿を真似る道理が彼女にはわからない
 しかし、そうではないのだと緑のひとは言う
「少し違うな。あいつが似たんだ」
 彼女を抱きかかえることができて、視界を確保できる程度の大きさの生きものなら何でも良かった
 それでもこの姿を選んだのは、もっとも負担が少ないからだ
 記憶に焼きついた姿
 一度として忘れたことはない
 返しきれない恩がある
「それって……」
 にぃっ、と口角を吊り上げて笑う女性の容貌に、幼なじみとの血縁を疑わずにはいられない
「巫女よ、知っているか?」
「なに、を?」
 迫る白竜の鉤爪は、巨大な刃のようだ
「コロッケは揚げたてが美味しい」
女性が片腕を振ると、ひじから先が異形と化した
 いや、変化を解いたと言ったほうが正しいのだろう
 爪と爪が衝突し、激しい火花が散った
+...
緑のひとの本名は「アイオ」と言う
古代言語で「緑」という意味の言葉だ
古代言語は魔物たちが捏造した言語だが、何から何まで嘘というわけではない
少なくとも、緑のひとを「アイオ」と呼んだ人間が居たことは事実だ
名前をくれた
居場所を与えてくれた
戦う理由など、それだけで十分だろう