※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テイワズ

※中の人単位で認識する場合の呼び名

テイワズ(1st・メインキャラ名)

名前 テイワズ 種族 人間 性別 出身地 谷間の国
読み方 ていわず クラス キャプテン クラフト 防具職人 KS役職 体験加入中
<設定>
  「優秀な兵士とは良く切れる剣では無い、無骨で頑強な楯である」

この言葉を最期に聞いてから、どれくらいの月日が経っただろうか…
私は谷間の国の外れ、早瀬川に近い小さな名も無き村で生まれ育った。
谷間の国の下級騎士アンサズの子として生まれ幼き頃から父より剣の使い方と戦い方を、
はなれ山より時折訪れるドワーフ達からは職人としての知識を教えられた。
特筆することも無く続く日常、父と母、少し年の離れた妹と気さくな村人達と共に過ごす平穏な生活。
それが永遠に続くのだと思っていた、年を取り父の跡を継ぎ騎士として村を守りそして老いていく、
そんな人生が。

そんな日々はいとも容易く、悩む暇ははおろか事態を理解する暇も無く薄紙を裂くかのように
儚く終わりを告げた。
目が覚めた時には私は村から離れた小高い丘の上に居た、見えるのは闇夜を赤く染める炎の色と立ち上る黒煙、私はただ丘の上からそれを見続けるしか出来なかった。
村を焼き尽くしたのは忌まわしきオーク達だったらしい、傷の手当てをしてくれたドワーフ達が教えてくれた、たまに訪れるドワーフに取っても災難な事だったろうが彼等は親身に接してくれ傷を負い疲れ果てた私を連れ谷間の国の都エスガロスへと連れて行ってくれたりもした。
だが私は騎士アンサズの子、村を守ることはおろか、殆どの村人を逃がす事も出来ず死んでいった不名誉なる騎士の子には騎士の名を継ぐことは許されない。

そして私の旅が始まった、目的地もなく帰るべき国も里も無い、長い長い旅が。
そんな旅の中で私は思い出す、かつて父が口癖だった言葉、唯一遺してくれたあの言葉を…

  「優秀な兵士とは良く切れる剣では無い、無骨で頑強な楯である」

私はその言葉通りに生きて来れただろうか? 尊敬すべき父と同じ道を歩めているだろうか?
まだ私の旅は終わらない、どうか我が進むべき道が正しきものであらんことを…

△△△(2nd)

名前 〇〇〇〇 種族 〇〇 性別 〇〇 出身地 〇〇
読み方 〇〇〇〇 クラス 〇〇 クラフト 〇〇 KS役職 〇〇
<設定>
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

△△△(3rd)

名前 〇〇〇〇 種族 〇〇 性別 〇〇 出身地 〇〇
読み方 〇〇〇〇 クラス 〇〇 クラフト 〇〇 KS役職 〇〇
<設定>
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

△△△(4th)

名前 〇〇〇〇 種族 〇〇 性別 〇〇 出身地 〇〇
読み方 〇〇〇〇 クラス 〇〇 クラフト 〇〇 KS役職 〇〇
<設定>
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

△△△(5th)

名前 〇〇〇〇 種族 〇〇 性別 〇〇 出身地 〇〇
読み方 〇〇〇〇 クラス 〇〇 クラフト 〇〇 KS役職 〇〇
<設定>
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇


2007-10-12