宇喜田考造攻略


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 キャラ性能《Cランク》

長所:原作再現を忠実に行ってしまった故に残念な性能となってしまったキャラ。

だが他のキャラにはない良さを少し持っておりAが下段判定持ちで下段姿勢を潰したり、コマンド投げでガードを固める相手をガンガン投げる、極めがいがあるキャラである。

またシバザキ式と呼ばれる虚実からの安い補正切りロマンコンボが存在する。詳しくはこちらhttp://chiaroscuro888.blog.fc2.com/blog-entry-381.html

 

短所:技の発生がおそい。浮かせ技が無い。浮かせコンボへ持っていく特殊技の発生が致命的に遅い。ふっ飛ばし技が受け身可能なのでA始動の空中コンボが安定して出せない。

ただし紫羅欄花の舞はかっこよくKOF2002UMクラークのMAX2怒号層圏を連想させるような投げの乱舞。技名もなんかかっこよく。この技を見る為だけのキャラだろう。原作でもかっこいい。

 

 

 

通常技解説

AAABでコンビネーション1。最後のBで強制ダウンだが受け身を取られるので追撃は出来ない。最初のAは下段追撃判定あり。キャンセルポイントは2発目のAの後

Bは下からすくいあげるように殴る浮かせ技・・・・・・なのだが、空中コンボには持っていけない。発生も遅いし、いらない子。もう一回Bを押すと叩きつけになる。

Cはガード不能の頭突き技である。発生が若干遅い。ただ踏み込んで出すので当たりやすいか。

 

 

特殊技解説

6AAA:フックを出した後前転をして2Bと同じ足払い蹴りをする技。コンボにはならないが前転する動作は必殺技の「前回り受け身」と同じなので上段姿勢技をスカせれる。

6AAB:フックを出して前転するところまでは一緒だが足払い蹴りの代わりに巴投げをする。6AAで前転して相手が暴れない限り足払いと投げの2択になるので揺さぶってみるのも面白い。

4A:謎キック。使い道不明。発生が遅いので牽制に使おうとすると間違いなく当身されるので使わない方がよい。

8A 8B:宇喜田の唯一の浮かせコンボ始動技。ただし発生が致命的に遅く、C当てた後から間に合わない。宇喜田を最低ランクに叩き落としている要因の1つ

2AB:比較的発生の早い肘打ちからアッパーへの連携技。浮かせ技なのだがバウンドヒット限定。つまり受け身をとられる。受け身さえ取られなければ・・・・・

2B:ダウン追撃判定ありの下段姿勢技。ダウンしたら入れたい追撃技だが・・・・宇喜田の技はほとんど受け身を取られるのであまり意味は無い。

ダッシュ攻撃:肩から体当りする技。受け身を取られないので発動キャンセルからコンボが出来る。

 

 

 

 必殺技解説

鹿威し二連突き:236A

動のオーラ専用必殺技。相手をふっ飛ばしてひっくり返った所にコンボが入りそうなのだが・・・・・バウンドヒットのみである。

ケンカキック:236A

静のオーラ専用必殺技。4Aとほぼ同じモーションで繰り出すキック。宇喜田の主力技の一つ。宇喜田にしては珍しく双纒手系の技である。ふっ飛ばした後2Bでシメよう。このワザの性能がいいので宇喜田は静のオーラでもいいと個人的には思う。

前回り受け身:214A

下段姿勢技の移動技である。KOFの大門超受け身のように全身無敵はなく足払い系で潰されるので使い方が難しい技。追加入力Aで2Bと同じ足払い。Bで巴投げが出る。追加入力Aは必殺技でキャンセルできるので前回り受け身→追加A→キャンセル前回り受け身→追加Aのループで常に下段姿勢をキープ出来る。

肩車:236B

宇喜田の生命線とも言える唯一使える技。このゲームでは珍しいガード不能の投げ技である。投げ技故に空中コンボでは使えないが、AAをガードさせて肩車を出せば投げることが出来る。相手がガードしたり返し技をしそうな時にガンガン入れて投げまくろう。

逆エビ背負い投げ:214B

肩車と似たモーションの投げだが、こちらが打撃投げ。ガード可能である。打撃なので空中コンボのシメに使える。ミシっと骨が軋む音が痛そう。

紫羅欄花の舞:236236B

「あらせいとうのまい」と読む。最近の本編の宇喜田のようにカッコイイ名前である。投げモーションの打撃がヒットした後、一回二回と叩きつけ巴投げをした後逆エビ背負い投げをしてフィニッシュする投げの乱舞である。カッコイイ。非常にカッコイイ。この技を頑張ってキめてドヤ顔しよう。

 

 

コンボ解説

・AA→ケンカキック→2B

静の宇喜田専用の基本コンボ。双纒手系の技なのでブレイクやリングアウトも狙えるのでいろいろオトクである。

・AA→肩車

AAがガードされても肩車がガード不能なので敵が暴れなければ入ることがある。

・AA→鹿威し二連突き→AA→逆エビ背負い投げ

バウンドヒット限定。相手が受け身しないことを祈ろう。結構なダメージが取れる。二連突きのあとのAAは結構シビアなので注意。コンボ始動に浮かせ技の2A2Bや2ABを入れても良い。

・C→AA→前回り受け身→追加入力A

1ゲージ消費。Cを当てると空中コンボになるのでAAを当てたあと前転して下段追撃する安いコンボ。別名「シバザキ式」安いが個人的に筆者が一番好きなコンボである。バウンドヒット限定だが受け身とられてリバーサルで暴れた場合下段姿勢技が刺さることがあるので使えるかもしれない。

 ・AA→鹿威し二連突き(一段目)発動キャンセル→AA→鹿威し二連突き(一段目)スーパーキャンセル→ 紫羅欄花の舞

3ゲージ消費。安いが受け身を取られずA始動で出しやすいコンボ。鹿威し二連突き一段目発キャン後のディレイが少しむずかしいが慣れれば簡単。技の始動を8Bにしてもいい。

 ・AA→鹿威し二連突き(一段目)最速発動キャンセル→8A(B)→AA→鹿威し二連突き(一段目)スーパーキャンセル→ 紫羅欄花の舞

上記の発動コンボに8Aの要素を入れたコンボ。鹿威し二連突き1段目から最速で発動キャンセルしないと8Aが間に合わない点に注意。

・8B(2AB)→AA→鹿威し二連突き発動キャンセル→ステップ→AA→鹿威し二連突きスーパーキャンセル→紫羅欄花の舞

3ゲージ消費。なかなかの高威力だが鹿威し二連突き発キャンからステップしてコンボ入れる所で受け身を取られてしまう。上位陣に引けをとらないダメージだが、ネタコンボである。

 

現在ブレイクコンボ開発中。乞うご期待。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。