欠損値処理


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

参照ページ

GPhys での欠損値の扱い

GPhys::IO.open する際で, データ欠損についても解釈が行われ, 属性 valid_range や missing_value が指定されている場合, 欠損の存在を考慮する. 具体的には値を取出す際(後述)は欠損値付の NArray たる NArrayMiss クラスのオブジェクトが返るようになる.

gphys = GPhys::IO.open('T.jan.nc', 'T') 
tmp = gphys.val # <= NArrayMiss クラスのオブジェクトになっている

Library