黒体炉


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・黒体炉とは

→ 放射率を1に近づけ、精密な温度管理を出来るようにした熱源(=炉)のこと。

 実存する物体が「熱」を持つとき、その構成要素である分子・原子などがミクロのレベルで様々な周波数の「熱振動」を持っている。
 この熱振動は、物理的接触のある他の物体へ「伝導」で、物理的接触の無い他の物体へ電磁波の「放射」で影響を及ぼすことができる。

 このうち「放射」で他物体への影響を及ぼすとき、その影響の度合いを支配するのが「放射率」と呼ばれるパラメータであり、
全ての影響が100%授受できる状態の放射率を1とする。このとき「放射」と「吸収」の度合いおよび意味は合致する。

 但し実在物質に於ける電磁波の相互作用は、「放射=吸収」以外に「透過」「反射」があり、これらの合計が1となるため、
実在物質