0190.青銅の村


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サブタイトル

共存村


紹介

発言数898のやや多弁村。
しかし、プロ、エピを除いて九日間を要し、三勢力が拮抗していた。

あらすじ

青銅の村……その名の通り、近くの鉱山から青銅が取れるだけの小さな村。
生物学、料理研究を生業とする学者は、居酒屋を経営し。
二匹の羊を残して、残りは皆攫われてしまった羊飼は、役場からの発行物『☆青銅の村通信☆』を配達するアルバイト。
青銅目当ての客が時折来る程度で、宿の経営が厳しく、煙草屋を始めようかと悩む宿主。
とても貧しい村だった……しかし、皆が助け合い、平和に暮らしていた。
あの日が来るまでは……。

蒸し暑く、寝苦しくなってきた今日この頃ですが、村民の皆様にとっては喜ばしくないニュースが飛び込んで参りました。
我らが青銅の村の村民の中に、人狼が紛れ込んでいる、という噂が流れているようなのです。

羊飼の配達してきた『☆青銅の村通信☆』に書かれていた、人狼の噂。
村人の誰もが一度は聞いたことがある噂。
半信半疑ながらも、村人達は集まって人狼対策会議を開始した。
しかし。

村の一員である、楽天家・ニッツさんが何者かに襲われ、お亡くなりになったとのことです。
遺体には至る所に咬傷、掻き傷があったとのことです。
やはり、人狼は実在したのでしょうか。
犠牲者が出てしまったことで、会議の際に投票を行い、疑わしき人物を処刑する事が決定致しました。
これ以上の犠牲者を出さない為にも止むを得ない、と議長は沈痛な面持ちで語っておりました。

人狼ではない小柄な生物を見かけた、との情報も入って参りました。
村民の皆様に害を成す生物なのか、現時点では定かではありませんが、何にしても警戒は怠ってはいけません。
夜は極力外出せず、戸締りもしっかり確認して下さいませ。

次々と処刑され……同時に襲撃されていき、徐々に減っていく村人達。
果たして、彼らは村人に紛れ込んだ獣を見つけることは出来るのか。

ネタバレ↓










勝敗

人勝利

作戦

村側の作戦
  • 共有片によるまとめ、相方は灰に潜伏。
  • 占師即CO。
  • 霊能2d遺言CO。
  • 狩人潜伏。

狼側の作戦
  • 狼による占師騙り。
  • 狂人による霊能騙り。
  • LWCO→偽装GJによる狐燻り出し。

狐の作戦
  • 潜伏。

登場人物紹介


楽天家
ニッツ
村人 2d
襲撃
2dの『☆青銅の村通信☆』は彼の話題が一面を飾った。
学者
クラフト
人狼 3d
処刑
学者である傍ら、居酒屋を経営している人狼、CN:メロン。
看板犬のパル(ボーダーコリー)に焼き鳥をつまみ食いされたり、焼き鳥の串や釜の底に悪戯書きがされたりしている。
元人間で、その頃の嗜好により、肉よりも野菜が好き。
高い潜伏スキルを持つにも関わらず、青年の占い先セットミスにより、2dに黒出しされてしまった悲劇。
少年
アルト
霊能 3d
襲撃
表情豊かな、明るい少年。
母の形見の斧を持っている(が、重くて持てない)
学者にお使いを頼まれたり、配達を終えた羊飼にハーブティーを入れる等、優しさも垣間見える。
2d遺言だったが霊能CO出来ず、その上赤ログで学者が一緒に青ログに行きたい人物、として指定された事により襲撃されてしまった。
「本当は学者とまだ話したかった(2d灰ログ)」という願いが叶ったので、ある意味良かったかもしれない。
詩人
ダリオ
共有 生存 1d、2dはあまり喋らなかったが、共有者として表に出ている花屋に共有片として灰に潜伏するメリットを説いたり、3dから徐々に多弁となり、村を引っ張っていった。
4dからは花屋からまとめ役を引き継ぎ、程よく独裁を行いながら話し合いを進めていった。
ちなみに、詩人としてのRPは見当たらなかった。
宿主
ライア
村人 7d
襲撃
宿の女将だが、青銅目当ての客が時折来る程度なので、経営が厳しいらしい。
副業に煙草屋を始めようかと考えている。
中庸~寡黙の間を行ったり来たりしていて、潜伏臭を感じ取られたのか、GSでは狐寄りに。
LWCOした羊飼が、村娘に「狐っぽいところを噛んでくれ」と言われたため、襲撃されてしまった。
村娘
アリシア
村人 生存 美人三姉妹の末娘、16歳。
普段はおっとりした女性らしい性格だが、もう一つの人格:アルシア(男)になると、突如言動の荒さが目立つようになる。
親に鳩を預かられたり、家庭の事情で顔を出せなかったりと、リアル事情に振り回されていたが、鋭い考察力で最終日まで生き残った。
画家
ロイス
村人 7d
処刑
女の子ばかり書いている画家。
調子に乗りやすく、青銅の村役場にふざけて学者クラフトを通報しようとしたが、彼に取調べを受けそうになった途端「見間違いだった、ちゃんと研究しているから研究費を渡してくれ」と手の平を返す事も。
6d、詩人の一声で羊飼処刑決定→LWCO→画家処刑決定、という流れになってしまい、喉が枯れてしまうほど詩人の説得をするが、結局処刑されてしまった。
余談だが、彼は処刑される直前、羊飼のGSを少し白よりにしてしまっていた。
全くもって不遇な人物である。
旅人
サンジ
村人 8d
処刑
笑顔が素敵な旅人。
中庸を保っていて、考察もしっかりしていたが、村人が少なくなるに連れて、潜伏人外と見られてしまった。
村が勝てるなら吊られる、村が負けるならあがく、という村人アピールがあだとなったのかもしれない。
村長
ハガー
村人 6d
襲撃
威厳ある口調の村長。
人が少なくなってきた中、確白の詩人に唯一村人と信じられていたほどの白さを誇る。
しかし、その詩人からの信頼、更にはまとめの後継者として指名されていたことから、村に動揺を誘うため、襲撃されてしまった。
羊飼
ルカ
人狼 9d
処刑
ナイアーラとテップという、兄妹羊を飼っている人狼、CN:カシス。
羊飼として立ち行かなくなったため、役場から発行されている『青銅の村通信』を配達するアルバイトを行っている。
処刑先、占い先に挙げられながらも白視を集めていたが、3dの木こり処刑本決定の際の反応で、詩人に黒視されてしまう。
そして、詩人の鶴の一声で処刑先となり、LWCO……口調も豹変、内容も怖い、仲間にもやり過ぎだと墓下で評判になる。
偽装GJでならず者の狐COをさせる事に成功、狼勝利が決まった……かと思ったが、まさかのセットミスで敗北(ちなみに、体調不良で頭がこんがらがっていたらしい)
花屋
メル
共有 5d
襲撃
胃薬片手に頑張る共有まとめ。
3dに木こり処刑を本決定した際のゴタゴタで、精神的にダメージを負ってしまい、まとめを共有の詩人に任せる事になる。
議題回答、考察は行っていたが、バファリンの名の下に襲撃されてしまった。
負傷兵
アレフ
狂人 4d
襲撃
戦争から帰る途中の兵士。
帰路に立ち寄った青銅の村で休養を取る予定だった。
狂人なのに人狼の農夫と言い争いになったり、交互占いで確白になってしまったり。
おまけに、真霊の少年が3dに襲撃されていたおかげで、真霊能と思ってしまった羊飼、農夫に襲撃されたりと、恐らく狼陣営で一番の苦労人。
ならず者
エル
8d
処刑
寡黙だが、自分を疑うものには容赦なく質問を飛ばす。
多くの人間に黒視されていたにも関わらず、終盤まで残っていた。
しかし、羊飼の偽装GJにより、自分が襲撃された、と思い狐CO。
そのまま処刑される運びとなった。
木こり
ヨゼフ
狩人 4d
処刑
森林伐採、自然破壊を生業としている。
血の気が多く、2dでは青年真占とする根拠によって農夫と言い争う。
そのせいかヘイトを上げてしまい、確白の処刑候補に上がり、処刑されてしまう。
その直前にも、独断で決めた(と思った)花屋に感情を露にして殴りかかったところを見ると、感情偽装ではないだろう。
青年
ヴァル
占師 5d
処刑
1dにプロの議題を答えたり、初心者COしてしまったりするマイペースな占師。
セットミスにより学者を人狼と見抜くが、指定時間に結果を発表しなかったり、寡黙で最後には突然死しかけてしまったりして、処刑されてしまった。
現在は、自分に合った更新時刻の村に入っていればいいなぁ、と個人的に思っている。
農夫
タッド
人狼 6d
処刑
本名J=タッド、米や野菜を栽培している人狼、CN:オレンジ。
定石通りよりも奇をてらう方が好きらしく、学者→占師騙り、羊飼→霊能騙り、農夫→占師騙り→共有騙り、という狼全騙り策を提案するが、学者の反対により、農夫の占師騙りのみになる。
5dに真占の青年を吊ってしまったことにより、即呪殺を出さなければローラー、と詩人に条件を提示されていた。
もちろん呪殺が起こせるはずもないので、ライン切りのため、羊飼に黒出し、ローラーされる前にLWCO……と画策するが、赤ログを誤爆してしまい、処刑されてしまった。

  • 真占がセットミスで黒当てたり、寡黙な真占(?)吊る羽目になったり、霊能両襲撃だったり、と珍しい展開の目白押しですねw -- (通りすがり) 2012-10-24 23:45:39
  • 皆さんセットミスには本当に気をつけてくださいねー。 -- (名無しさん) 2012-10-25 07:00:59
意見・感想
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。