※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソアリングについて


ハング・パラは「位置エネルギー(高度)を運動エネルギー(速度)に変換することで、長距離の飛行やアクロバット飛行を行うスポーツ」と言えると思う。

よって、ハングやパラのソアリングにおいて重要な要素は、以下の3つに突き詰められる。
  • 高度を獲得すること
  • 高度を有効に利用すること
  • 高度を失わないこと

この3つについて、まとめたいと思う。

高度を獲得すること

高度を獲得するために利用する上昇気流(リフト)は、大きく分類して以下の4つ
  • リッジ(斜面上昇風)
  • サーマル(熱上昇気流)
  • コンバージェンス(?)
  • ウェーブ(山岳派)


高度を有効に利用すること

言い換えるならグライドテクニック。このグライドテクニックの要素はグライダーコントロールと飛行コースの二つからなる。
  • グライダーコントロール
  • 飛行コース

高度を失わないこと

上料気流とは間逆の気流である、シンク(下降気流)を避けること。
リフトがあれば必ずシンクがあり、このシンクをいかに避けて飛行するかが、滑空性能の悪い機体にはより重要になってくる。