314


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者:ID:Ro2Whjpu

僕は創作の魔王というコピーに引かれ
書くために生まれた創作マスィーンになるためにはどうすればよいのか考えた
創作の魔王なのだからどんなこともできる
手始めに全裸で柏木の部屋にマックスコーヒー、マックスコーヒーとつぶやきながら飛び込む
タンスをこじ開けやくそうを手に入れパンティーを頭にかぶる
柏木が呆然としながら見てくるが創作の魔王なので気にしない
柏木のサイフをバリバリし「支払いはまかせろー!支払いはまかせろー!」と絶叫
柏木は無言で部屋から立ち去る
だがまだ創作の魔王には不十分
次は美作の部屋にベホイミベホイミと叫びながら飛び込む
美作は着がえをしている最中だったが創作の魔王なので無視
半裸で逆立ちをしながら
「オールハイル・クラトゥ!!オールハイル・クラトゥ!!」と絶叫
美作は大泣きで退散
確実に創作の魔王に近づく
開脚後転でトイレに飛び込み便座カバーを外し首に掛ける
ゴキブリの真似をしながら師匠の部屋に突撃
ドアを開けると両手を掲げた師匠発見
両腕から光を発してる師匠発見
僕はちにゃ


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。